研究者
J-GLOBAL ID:201901020467826669   更新日: 2021年09月15日

玉田 宏美

タマダ ヒロミ | Tamada Hiromi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 消化器外科学 ,  消化器内科学 ,  解剖学
研究キーワード (6件): 神経再生 ,  オルガネラ ,  電子顕微鏡 ,  細胞組織学 ,  腸管神経系 ,  消化管
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 現在 Cryo-fixationによる腸管グリア細胞の3D微細構造解析
  • 2020 - 2023 迷走神経遠心性神経による消化管SIP Syncytium制御機構の解析
  • 2019 - 2022 c-kit mutant mouse における腸管神経再生促進メカニズム, 武田科学振興財団医学系研究助成
  • 2020 - 2021 損傷運動ニューロンの軸索起始部-ミトコンドリア-ミクログリアのインタラクションの解明、堀科学芸術振興財団
  • 2018 - 2021 Cryo-fixationによる腸管グリア細胞の3D微細構造解析
全件表示
論文 (13件):
  • Tamada H, Kiryu-Seo S, Sawada S, Kiyama H. Axonal injury alters the extracellular glial environment of the axon initial segment and allows substantial mitochondrial influx into axon initial segment. The Journal of comparative neurology. 2021
  • Sato Takehito, Konishi Hiroyuki, Tamada Hiromi, Nishiwaki Kimitoshi, Kiyama Hiroshi. Morphology, localization, and postnatal development of dural macrophages. CELL AND TISSUE RESEARCH. 2021
  • Tamada Hiromi, Blanc Jerome, Korogod Natalya, Petersen Carl Ch, Knott Graham W. Ultrastructural comparison of dendritic spine morphology preserved with cryo and chemical fixation. ELIFE. 2020. 9. 1-15
  • Hiroyuki Konishi, Takayuki Okamoto, Yuichiro Hara, Okiru Komine, Hiromi Tamada, Mitsuyo Maeda, Fumika Osako, Masaaki Kobayashi, Akira Nishiyama, Yosky Kataoka, et al. Astrocytic phagocytosis is a compensatory mechanism for microglial dysfunction. EMBO J. 2020. 39. 22. e104464
  • Tamada H, Kiryu-Seo S, Hosokawa H, Ohta K, Ishihara N, Nomura M, Mihara K, Nakamura KI, Kiyama H. Three-dimensional analysis of somatic mitochondrial dynamics in fission-deficient injured motor neurons using FIB/SEM. J Comp Neurol. 2017. 525. 11. 2535-2548
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2012 早稲田大学
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2019/04 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2017/12 - 2018/11 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 研究員
  • 2013/04 - 2016/03 名古屋大学 大学院医学系研究科 博士研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015 - 日本平滑筋学会 JSMR優秀論文賞 Existence of c-Kit negative cells with ultrastructural features of interstitial cells of Cajal in the subserosal layer of the W/Wv mutant mouse colon
所属学会 (3件):
日本平滑筋学会 ,  日本自律神経学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る