研究者
J-GLOBAL ID:201901020623176327   更新日: 2020年04月03日

杉山 隆一

Sugiyama Ryuichi
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (2件): 地域研究 ,  アジア史、アフリカ史
研究キーワード (4件): シーア派 ,  聖地聖廟 ,  イラン地域研究 ,  イラン史
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 近現代イランにおける聖地・聖廟の変容
  • 2004 - 2006 イラン・イスラーム共和国パヤーメヌール大学留学
論文 (6件):
  • 杉山隆一. アフシャール朝期のイマーム・レザー廟 -『アリー・シャーの巻物』から見る18世紀イランにおけるイマーム廟の組織と運営(I)-. 東洋文化研究所紀要. 2020. 177. 139-191
  • SUGIYAMA, Ryuichi. The Mausoleum of Imam Reza under the Islamic Republic of Iran: The Administration and Activities of the Twelver Shiite Imamate Mausoleum in Iran. Journal of Islamic Area Studies. 2019. 11. 60-84
  • 杉山隆一. アフシャール朝ナーデル・シャーによるマシュハドの都市整備開発事業. 史学. 2017. 87. 1-2. 33-66
  • 杉山隆一. イラン・イスラーム共和国体制下のイマーム・レザー廟:同国におけるシーア派聖地イマーム廟の運営と諸活動. イスラム世界. 2016. 85. 33-72
  • 小名康之, 阿部尚史, 杉山隆一, 登利谷正人. 東インド会社に関するシャー・シュジャー名のニシャーン -17世紀ムガル時代の公的文書. 青山史学. 2013. 31. 19-51
もっと見る
MISC (9件):
  • 杉山隆一. アジアの歴史と現在. 極東証券株式会社寄附講座 慶應義塾大学文学部公開講座2019 文学部のひらく世界. 2020. 26-35
  • 杉山隆一. イランにおけるシーア派聖廟の発展 -第8代イマーム、レザーの廟を事例に-. 歴史と地理. 2018. 713. 51-54
  • 杉山隆一. 書評と紹介:MORIKAWA Tomoko and Christoph WERNER (eds.), Vestiges of the Razavi Shrine -Athar al-Razaviya: a Catalogue of Endowments and Deeds to the Shrine of Imam Riza in Mashhad, Tokyo: The Toyo Bunko, 2017. イスラム世界. 2018. 90. 71-79
  • SUGIYAMA, Ryuichi. Book Review: Christoph Werner, Vaqf en Iran: Aspects Culturels, Religieux et Sociaux, Leuven: Peeters Press, 2015. Annals of Japan Association for Middle Eastern Studies. 2018. 34. 1. 113-117
  • 杉山隆一. イマーム・レザー廟の研究部門の出版物をめぐって -同廟の歴史に関する研究書の紹介. イスラーム地域研究ジャーナル. 2018. 10. 97-107
もっと見る
書籍 (2件):
  • Islam and Multiculturalism: History, Challenges and Prospects, (Proceedings of an international conference held at Waseda University, Tokyo, Japan, Dec. 3-4, 2016)
    Organization for Islamic Area Studies, Waseda University 2017
  • 革命後イランにおける映画と社会
    東京:早稲田大学イスラーム地域研究機構 2014
講演・口頭発表等 (17件):
  • ガージャール朝期のイマーム ・レザー廟
    (東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所 共同利用・共同研究課題「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究」2019年度公開研究会「アルダビール再考:前近代イランにおけるタリーカ・聖者廟・都市」 2020)
  • アジアの歴史と現在
    (慶應義塾大学文学部主催 「文学部公開講座:文学部のひらく世界」 2019)
  • Nader Shah’s Urban Development Project in Mashhad during the Afsharid Period
    (International Symposium: Comparative Studies of Islamic Areas: New Actors, Fresh Angles (Organization for Islamic Area Studies, Waseda University) 2018)
  • イランにおける聖廟をめぐって:同国のシーア派信仰と社会
    (認定NPO法人かわさき市民アカデミー主催講座・2018年度前期エクセレントI『世界を旅する19イラン・ツアー』(市民講座) 2018)
  • イランの文化と宗教信仰
    (駿河台大学・飯能市・入間市・日高市・所沢市主催『彩・ふるさと喜樂学』(市民講座) 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(史学) (慶應義塾大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学 特任研究員
  • 2018/04 - 現在 東京外国語大学 共同研究員
  • 2018/04 - 2019/03 早稲田大学 次席研究員(研究院講師)
  • 2016/06 - 2018/03 早稲田大学 研究助手
  • 2011/04 - 2016/03 早稲田大学 招聘研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る