研究者
J-GLOBAL ID:201901020697316660   更新日: 2020年06月09日

木山 朋美

Kiyama Tomomi
論文 (2件):
  • Suzuki H, Bando K, Tada H, Kiyama T, Oizumi T, Funayama H, Sugawara S, Takahashi T, Endo Y. Augmentation of Lipopolysaccharide-Induced Production of IL-1α and IL-1β in Mice Given Intravenous Zoledronate (a Nitrogen-Containing Bisphosphonate) and Its Prevention by Clodronate (a Non-nitrogen-containing Bisphosphonate). Biological & pharmaceutical bulletin. 2019. 42. 2. 164-172
  • Movila A, Mawardi H, Nishimura K, Kiyama T, Egashira K, Kim JY, Villa A, Sasaki H, Woo SB, Kawai T. Possible pathogenic engagement of soluble Semaphorin 4D produced by γδT cells in medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ). Biochemical and biophysical research communications. 2016. 480. 1. 42-47
MISC (10件):
  • 鈴木 飛佳理, 坂東 加南, 木山 朋美, 大泉 丈史, 多田 浩之, 遠藤 康男, 菅原 俊二, 高橋 哲. ゾレドロネート静脈内投与マウスでのLPSによるIL-1αおよびIL-1βの増加に関してのクロドロネートによる抑制. 日本口腔科学会雑誌. 2019. 68. 2. 147-147
  • 鈴木 飛佳理, 坂東 加南, 多田 浩之, 木山 朋美, 大泉 丈史, 船山 ひろみ, 菅原 俊二, 高橋 哲, 遠藤 康夫. Zoledronate(bisphosphonate)静脈投与マウスでのLPSによるIL-1産生増強とclodronate(bisphosphonate)による抑制. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018. 2018. 429-429
  • 木山 朋美, 河井 敬久, 遠藤 康男, 佐々木 啓一. リン酸トランスポーター阻害剤によるBRONJ発症抑制機序の解明. 日本補綴歯科学会誌. 2016. 8. 特別号. 266-266
  • 木山 朋美, 土谷 昌広, 佐々木 啓一, 菅原 俊二, 河井 俊久, 遠藤 康男. リン酸トランスポーターSLC20/34阻害薬はマウスBRONJ(bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw)を抑制する. Clinical Calcium. 2015. 25. 5. 746-746
  • 佐藤 衣莉, 土谷 昌広, 木山 朋美, 大泉 丈史, 山口 晃史, 菅原 俊二, 遠藤 康男. N-BPsはalkyl型・heterocyclic型を問わずリン酸トランスポーターSLC20/34を介して細胞内に取り込まれ炎症壊死を起こす. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2014. 2014. 110-110
もっと見る
書籍 (1件):
  • パーシャルデンチャー治療 失敗回避のためのポイント47 -診断・前処置・印象・設計・応急修理と術後管理の問題解決法-
    クインテッセンス出版株式会社 2017
受賞 (2件):
  • 2015/05 - The 93th IADR General Session & Exhibition. Unilever Hatton Divisional Award
  • 2010/03 - 東北大学 Quintessence Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る