研究者
J-GLOBAL ID:201901020710038518   更新日: 2019年12月03日

豊永 耕平

トヨナガ コウヘイ | Kohei Toyonaga
所属機関・部署:
職名: 博士課程
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (5件): 教育社会学 ,  計量社会学 ,  社会階層 ,  進路選択 ,  学歴社会論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 高校生の専攻分野選択のメカニズムに関する実証的研究
論文 (3件):
  • 豊永 耕平. 高学歴化・経済変動と学歴:上層ホワイトカラー入職に対する学歴効果の変容. 教育社会学研究. 2018. 103. 47-68
  • 豊永 耕平. 出身大学の学校歴と専攻分野が初職に与える影響の男女比較分析 : 学校歴効果の限定性と専攻間トラッキング. 社会学評論. 2018. 69. 2. 162-178
  • 豊永 耕平・須藤 康介. 小学校英語教育の効果に関する研究:先行研究の問題点と実証分析の可能性. 教育学研究. 2017. 84. 2. 215-227
MISC (10件):
  • 豊永 耕平. 中学受験選択を促すものは何か:階層・地域要因と中学受験の再生産. 東京大学大学院教育学研究科紀要. 2019. 58. 21-29
  • 豊永 耕平. 学歴がキャリアにもたらす影響は変わったか?:初職・離職・管理職移行に対する学歴効果の趨勢分析. 中澤渉編『2015年SSM調査報告書5 教育II』. 2018. 191-218
  • 豊永 耕平. 学歴の価値変動に関する研究動向 : 学歴の位置的価値とスキル偏向型技術進歩に着目して. 東京大学大学院教育学研究科紀要. 2018. 57. 11-20
  • 豊永 耕平. 出身大学の学校歴が初職に与える影響の再検討:大学での専攻分野に着目して. 2016年度 参加者公募型二次分析研究会 現代日本の格差と不平等に関するデータの二次分析 成果報告書. 2017. 11-28
  • 豊永 耕平. 大学での専攻分野を通じた不平等生成メカニズムに関する研究動向:社会階層と専攻分野の関連に着目して. 東京大学大学院教育学研究科紀要. 2017. 56. 129-138
もっと見る
書籍 (1件):
  • 文系大学教育は仕事の役に立つのか-職業的レリバンスの検討
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:4779513103
講演・口頭発表等 (22件):
  • なぜ、保護者たちは中学受験を選択するのか
    (第61回 数理社会学会大会 2016)
  • 大学での専攻分野とキャリア形成
    (第62回 数理社会学会大会 2016)
  • 小学校英語教育に関する研究
    (第68回 日本教育社会学会大会 2016)
  • 出身大学の学校歴・専攻分野がキャリアにもたらす影響:1995-2015年SSM調査データを用いた分析
    (第69回 日本教育社会学会大会 2017)
  • 出身大学の学校歴が初職に与える影響の再検討:大学での専攻分野に着目して
    (2016年度 参加者公募型二次分析研究会 成果報告会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2015 一橋大学 社会学部 社会学科
  • 2015 - 2017 東京大学大学院 教育学研究科 比較教育社会学コース修士課程
  • 2017 - 現在 東京大学大学院 教育学研究科 比較教育社会学コース博士課程
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 2018/03 攻玉社中学校・高等学校 講師
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2017/09 - 2018/08 日本教育学会 若手育成委員
所属学会 (6件):
日本教育社会学会 ,  日本社会学会 ,  日本教育学会 ,  数理社会学会 ,  関東社会学会 ,  RC28
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る