研究者
J-GLOBAL ID:201901020720956914   更新日: 2020年06月29日

菅原 太一

Sugawara Taichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (5件): セルトリ細胞 ,  精巣 ,  タイトジャンクション ,  上皮細胞 ,  細胞内小胞輸送
論文 (3件):
  • Nakatsu D, Horiuchi Y, Kano F, Noguchi Y, Sugawara T, Takamoto I, Kubota N, Kadowaki T, Murata M. L-cysteine reversibly inhibits glucose-induced biphasic insulin secretion and ATP production by inactivating PKM2. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2015. 112. E1067-1076
  • JNK1/2 dependent-phosphorylation of angulin-1/LSR is required for the exclusive localization of angulin-1/LSR and tricellulin at tricellular contacts in EpH4 epithelial sheet. Genes Cells. 2014. 19. 565-581
  • Sugawara T, Nakatsu D, Kii H, Maiya N, Adachi A, Yamamoto A, Kano F, Murata M. PKCd and e regulate the morphological integrity of the ER-Golgi intermediate compartment (ERGIC) but not the anterograde and retrograde transport via the Golgi apparatus. Biochim. Biophys. Acta, Mol. Cell Res. 2012. 1823. 861-875
書籍 (1件):
  • 新しい機能を問われだした小胞体-ゴルジ体中間区画
    生体の科学 細胞の分子構造と機能-核以外の細胞小器官 2012
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学大学院 生命科学研究部 助教
  • 2015/04 - 2020/03 自然科学研究機構 生理学研究所 特任助教
  • 2013/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
所属学会 (1件):
日本細胞生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る