研究者
J-GLOBAL ID:201901020887433450   更新日: 2021年06月02日

平瀬 達哉

Hirase Tatsuya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (4件): 転倒 ,  慢性疼痛 ,  介護予防 ,  高齢者
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 高齢者の慢性疼痛対策としての予防重視型介入戦略の開発とその効果検証
  • 2017 - 2019 運動器慢性痛対策を念頭に置いた新たな介護予防プログラムの開発とその効果検証
  • 2016 - 2017 慢性痛を有する高齢者に対する新たな介護予防プログラムの開発に向けた調査研究
論文 (43件):
  • Tatsuya Hirase, Yoshiro Okubo, Kim Delbaere, Jasmine C Menant, Stephen R Lord, Daina L Sturnieks. Predictors of development and persistence of musculoskeletal pain in community-dwelling older people: A two-year longitudinal study. Geriatrics & gerontology international. 2021. 21. 6. 519-524
  • Yasutaka Kondo, Yoshihiro Yoshida, Takashi Iioka, Hideki Kataoka, Junya Sakamoto, Tatsuya Hirase, Yuichiro Honda, Atsushi Nawata, Minoru Okita. Short-Term Effects of Isometric Quadriceps Muscle Exercise with Auditory and Visual Feedback on Pain, Physical Function, and Performance after Total Knee Arthroplasty: A Randomized Controlled Trial. The journal of knee surgery. 2020
  • Tatsuya Hirase, Yoshiro Okubo, Jasmine Menant, Stephen R Lord, Daina L Sturnieks. Impact of pain on reactive balance and falls in community-dwelling older adults: a prospective cohort study. Age and ageing. 2020. 49. 6. 982-988
  • Tatsuya Hirase, Hyuma Makizako, Yoshiro Okubo, Stephen R Lord, Minoru Okita, Yuki Nakai, Toshihiro Takenaka, Takuro Kubozono, Mitsuru Ohishi. Falls in Community-Dwelling Older Adults with Lower Back or Knee Pain Are Associated with Cognitive and Emotional Factors. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 14. 4960-4960
  • Tatsuya Hirase, Yoshiro Okubo, Daina L Sturnieks, Stephen R Lord. Pain Is Associated With Poor Balance in Community-Dwelling Older Adults: A Systematic Review and Meta-analysis. Journal of the American Medical Directors Association. 2020. 21. 5. 597-603
もっと見る
MISC (64件):
  • 片岡 英樹, 後藤 響, 本多 彩菜, 山口 萌, 中川 晃一, 野元 祐太郎, 近藤 祐太朗, 山下 潤一郎, 森田 馨, 平瀬 達哉, et al. 脊椎圧迫骨折に対する行動医学的介入を併用したリハビリテーションの効果検証. Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2020. 12. 4. S68-S68
  • 平瀬 達哉, 片岡 英樹, 坂本 淳哉, 沖田 実. 高齢者における慢性疼痛の持続および新規発生に影響する因子の検討. Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2020. 12. 4. S68-S68
  • 片岡 英樹, 平瀬 達哉, 坂本 淳哉, 沖田 実. 【高齢者の慢性疼痛治療の現状と課題】高齢者の慢性疼痛に対する運動療法. Progress in Medicine. 2020. 40. 8. 839-844
  • 飯野 朋彦, 平瀬 達哉, 井口 茂. 介護予防(二次予防)事業該当者の事業参加に影響を及ぼす基本チェックリスト項目の検討. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. O-6
  • 平瀬 達哉, 片岡 英樹, 井口 茂, 中野 治郎, 坂本 淳哉, 沖田 実. 介護予防領域の基本チェックリストは慢性疼痛を抱えた高齢者のスクリーニングに活用できるか?. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. P-3
もっと見る
書籍 (7件):
  • 運動器の傷害と機能障害 : その病態とメカニズム
    三輪書店 2021 ISBN:9784895907200
  • どう向き合う!?高齢者の認知機能
    文光堂 2019 ISBN:9784830645761
  • 理学療法士のための知っておきたい認知症知識Q&A
    医歯薬出版株式会社 2018 ISBN:9784263265635
  • 高齢者理学療法学
    医歯薬出版株式会社 2017 ISBN:9784263217436
  • フレイルの予防とリハビリテーション
    医歯薬出版株式会社 2015 ISBN:9784263219430
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 地域・在宅リハ領域における高齢者慢性疼痛の実態と運動の有用性
    (日本ペインクリニック学会 第52回大会 2018)
  • 介護予防領域におけるペインリハビリテーション
    (第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2018)
  • 生活期リハビリテーション領域における多職種連携の必要性
    (第23回日本看護研究学会九州・沖縄地方会学術集会 2018)
  • 健康寿命の延伸に向けた理学療法士としての取り組み
    (第28回長崎県理学療法学術大会 2017)
  • 在宅・地域医療における痛み対策
    (第21回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2014 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程修了
  • 2008 - 2010 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 修士課程修了
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 長崎大学 生命医科学域・保健学系 助教
  • 2015/04 - 現在 長崎大学医学部保健学科 理学療法学専攻 助教
  • 2019/04 - 2020/03 Neuroscience Research Australia Falls, Balance and Injury Research Centre Visiting Scientist
  • 2011/10 - 2015/03 医療法人伴帥会 介護老人保健施設ガイアの里
  • 2010/05 - 2011/09 長崎大学医学部保健学科 理学療法学専攻 助教
全件表示
所属学会 (5件):
日本ペインリハビリテーション学会 ,  日本運動器疼痛学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本老年医学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る