研究者
J-GLOBAL ID:201901020927384945   更新日: 2020年07月18日

須田 智晴

Suda Tomoharu
所属機関・部署:
職名: 訪問研究員(日本学術振興会)
研究分野 (3件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎 ,  基礎解析学
研究キーワード (5件): 不連続力学系 ,  Filippov系 ,  Lyapunov関数 ,  Helmholtz-Hodge分解 ,  力学系
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 連続力学系の新しい解析手法の開発
  • 学生の立場を入り口にした大学論の足場作り--「大学問題」共有ゲームという対話型アプローチ
論文 (3件):
  • Application of Helmholtz-Hodge decomposition to the study of certain vector fields. Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical. 2020
  • Suda Tomoharu. CONSTRUCTION OF LYAPUNOV FUNCTIONS USING HELMHOLTZ-HODGE DECOMPOSITION. DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS. 2019. 39. 5. 2437-2454
  • 渡邉浩一, 臼田泰如, 寺山慧, 瑞慶覧長空, 須田智晴, 佐野泰之. 学際教育を求めて--Interdisciplinarityの歴史と理論. 学際系学部の教養教育 報告書. 2017. 105-122
MISC (3件):
  • 須田智晴. 一意性のない力学系における同値性の概念について. 北海道大学数学講究録. 2020. 178. 545-551
  • 須田智晴. 区分的に連続な右辺を持つ常微分方程式について. 北海道大学数学講究録. 2019. 176. 3-9
  • Tomoharu Suda. A characterization of Filippov vector fields. 2019
講演・口頭発表等 (20件):
  • 一意性のない力学系とBebutov Systemについて
    (2019年度冬の力学系研究集会 2020)
  • 力学系における同値性について
    (学生力学系の会 2019)
  • Filippovの方法の特徴付けについて
    (日本応用数理学会 2019年度 年会 2019)
  • Characterization of Filippov’s definition of the sliding vector field
    (Equadiff 2019 2019)
  • 区分的に連続な右辺を持つ常微分方程式の解の概念について
    (力学系 -新たな理論と応用に向けて- 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 京都大学 大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 博士後期課程
  • 2015 - 2017 京都大学 人間・環境学研究科 共生人間学専攻 修士課程
  • 2011 - 2015 京都大学 総合人間学部
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 慶應義塾大学 訪問研究員(日本学術振興会)
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会特別研究員(DC1)
所属学会 (2件):
日本応用数理学会 ,  日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る