研究者
J-GLOBAL ID:201901021232185840   更新日: 2024年05月16日

戸叶 美枝子

トカノ ミエコ | TOKANO Mieko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 感染症内科学 ,  免疫学
研究キーワード (3件): 感染制御学 ,  感染症学 ,  免疫学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2022 - 2025 アデノシンによる免疫応答調節機構の解析とその応用
  • 新型コロナウイルス感染症に合併するDICの抑制法の開発
論文 (14件):
  • Mieko Tokano, Norihito Tarumoto, Kazuo Imai, Hiroshi Yamaguchi, Masaaki Takeji, Fumito Inayoshi, Keita Okamoto, Nobuhito Okumura, Shigefumi Maesaki. Malignant syphilis requiring differentiation from Kaposi's sarcoma. IDcases. 2024. Volume 36, 2024. e01943
  • Mieko Tokano, Norihito Tarumoto, Jun Sakai, Kazuo Imai, Sakaru Koizumi, Haruka Karaushi, Tamotsu Hatanaka, Etsuko Kishi, Masafumi Seki, Koutaro Mitsutake, et al. Multicenter Study of the Effectiveness of Antifungal Stewardship Team Intervention for Candidemia in Japan in 2008-2021. Infectious Disease Reports. 2024. 16. 2. 356-366
  • Mieko Tokano, Norihito Tarumoto, Kazuo Imai, Takuya Sekine, Yasuto Omura, Kosuke Uehara, Shigefumi Maesaki. Acute tenosynovitis following an accidental injection of Bacille Calmette-Guérin (BCG) in a health care worker: A case report. Infection Prevention in Practice. 2023. 6. 1. March 2024,100332
  • Mieko Tokano, Norihito Tarumoto, Jun Sakai, Kazuo Imai, Masahiro Kodana, Toru Kawamura, Takuya Maeda, Shigefumi Maesaki. Vancomycin-resistant Enterococcus faecium in Japan, 2007-2015: A molecular epidemiology analysis focused on examining strain characteristics over time. Microbiology Spectrum. 2023. 2023 Dec 15:e0244423
  • Kana Ogane, Kazuo Imai, Yuta Orihara, Masahiro Kodana, Mariko Tezuka, Nanako Matsuzaki, Rina Takahashi, Shintaro Ichimura, Mieko Tokano, Jun Sakai, et al. Clinical evaluation of anterior nasal cavity swab specimens by a rapid antigen test using a GLINE-2019-nCoV Ag Kit to diagnose COVID-19. Journal of Infection and Chemotherapy. 2023. 13 May 2023
もっと見る
特許 (4件):
  • 播種性血管内凝固症候群の予防又は治療用組成物
  • アデノシンA2A受容体の活性化を抑制する組成物
  • アデノシン産生酵素を標的とする組成物
  • アデノシンA2A受容体を標的とする化合物
書籍 (2件):
  • 感染対策ICTジャーナルVol18No4
    ヴァンメディカル 2023 ISBN:9784860927691
  • 救急・集中治療 Vol.35 No.1 徹底ガイド 重症感染症のすべて
    2023 ISBN:9784883785773
講演・口頭発表等 (33件):
  • 当院における DTG+3TC(DTG/3 TC)へ切り替え後の有効性および安全性 についての検討
    (第 37回日本エイズ学会学術集会 2023)
  • カポジ肉腫が疑われた悪性梅毒の一例
    (感染症・化学療法に携わる人材育成ネットワーク研究会 2023)
  • カルバペネムの代替薬としてのTazobactam/Ceftolozaneの薬剤感受性と使用機会の検討
    (第72回日本感染症学会東日本地方会学術集会 2023)
  • BCG針刺しにより 右中指化膿性腱鞘炎を来した一例
    (第72回日本感染症学会東日本地方会学術集会 2023)
  • 当院におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 持続菌血症の臨床的特徴
    (第72回日本感染症学会東日本地方会学術集会 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2017 - 2021 埼玉医科大学 医学研究科博士課程 内科学
学位 (2件):
  • 医学学士 (埼玉医科大学)
  • 医学博士 (埼玉医科大学)
経歴 (3件):
  • 2024/04 - 現在 埼玉医科大学免疫学 講師
  • 2022/04 - 現在 埼玉医科大学病院 感染症科・感染制御科(兼担)
  • 2021/04 - 2024/03 埼玉医科大学免疫学 助教
受賞 (7件):
  • 2024/07 - 埼玉医科大学医師会研究奨励賞
  • 2024/04 - 日本アレルギー学会 2024年度 JSA WAO 2020記念 研究助成プログラム
  • 2023/06 - 第42回医真菌懇話会優秀演題賞
  • 2023/04 - 埼玉医科大学病院 病院長賞
  • 2022/06 - 第41回医真菌懇話会優秀演題賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本環境感染学会 ,  日本結核・非結核性抗酸菌症学会 ,  日本医真菌学会 ,  日本臨床微生物学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本感染症学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る