研究者
J-GLOBAL ID:201901021390931088   更新日: 2024年04月12日

貝塚 剛志

カイヅカ タケシ | Kaizuka Takeshi
所属機関・部署:
職名: リサーチフェロー
ホームページURL (1件): https://twitter.com/TakeshiKaizuka
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  精神神経科学 ,  神経形態学 ,  医化学
研究キーワード (7件): シナプス ,  シナプトーム ,  シナプス後肥厚 ,  樹状突起スパイン ,  神経科学 ,  プロテオミクス ,  オートファジー
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2024 Understanding the nanoscale synaptome architecture of the brain
  • 2018 - 2022 発達過程におけるPSD構成因子の変化とシナプス構築の関係
  • 2020 - 2021 脳全域におけるシナプスの微細分子構造の解析
  • 2016 - 2019 樹状突起スパインの刈り込みにおけるオートファジーの役割の解析
  • 2011 - 2014 哺乳類オートファジーの制御機構の解析
論文 (20件):
  • Takeshi Kaizuka, Toru Takumi. Alteration of synaptic protein composition during developmental synapse maturation. The European journal of neuroscience. 2024
  • Takeshi Kaizuka, Takehiro Suzuki, Noriyuki Kishi, Kota Tamada, Manfred W. Kilimann, Takehiko Ueyama, Masahiko Watanabe, Tomomi Shimogori, Hideyuki Okano, Naoshi Dohmae, et al. Remodeling of the postsynaptic proteome in male mice and marmosets during synapse development. Nature Communications. 2024. 15. 1
  • Takeshi Kaizuka, Taisei Hirouchi, Takeo Saneyoshi, Toshihiko Shirafuji, Mark O. Collins, Seth G. N. Grant, Yasunori Hayashi, Toru Takumi. FAM81A is a postsynaptic protein that regulates the condensation of postsynaptic proteins via liquid-liquid phase separation. PLOS Biology. 2024. 22. 3. e3002006-e3002006
  • Fabio de Moliner, Zuzanna Konieczna, Lorena Mendive-Tapia, Rebecca S. Saleeb, Katie Morris, Juan Antonio Gonzalez-Vera, Takeshi Kaizuka, Seth G. N. Grant, Mathew H. Horrocks, Marc Vendrell. Small Fluorogenic Amino Acids for Peptide-Guided Background-Free Imaging. Angewandte Chemie International Edition. 2023
  • Fabio de Moliner, Zuzanna Konieczna, Lorena Mendive-Tapia, Rebecca S. Saleeb, Katie Morris, Juan Antonio Gonzalez-Vera, Takeshi Kaizuka, Seth G. N. Grant, Mathew H. Horrocks, Marc Vendrell. Small Fluorogenic Amino Acids for Peptide-Guided Background-Free Imaging. Angewandte Chemie. 2023
もっと見る
MISC (7件):
特許 (2件):
書籍 (1件):
  • 脳内環境辞典
    メディカル ドゥ 2017
講演・口頭発表等 (8件):
  • FRET analysis of synaptic nanoarchitecture on a whole-brain scale in mice reveals synapse diversity of PSD95 complex organisation
    (SfN Neuroscience 2023 2023)
  • Analysis of synaptic nanoarchitecture using FRET at the level of single protein complexes and at the whole mouse brain scale
    (FENS Forum 2022 2022)
  • 発達期の脳におけるシナプス後肥厚のリモデリング
    (次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム2019 2019)
  • Remodeling of PSD composition during postnatal development
    (Cold Spring Harbor Asia 2018)
  • 新規蛍光プローブを用いたオートファジー活性測定法の開発
    (新学術領域 オートファジーの集学的研究:分子基盤から疾患まで 第3回班会議 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2014 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
  • 2004 - 2008 東京薬科大学 生命科学部 分子生命科学科
  • 2001 - 2004 神奈川県立湘南高等学校 普通科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京医科歯科大学)
経歴 (7件):
  • 2021/07 - 現在 エディンバラ大学 臨床脳科学センター リサーチフェロー
  • 2020/04 - 2021/06 神戸大学 大学院医学研究科 特命助教
  • 2019/04 - 2020/03 理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
  • 2016/04 - 2019/03 理化学研究所 脳科学総合研究センター 訪問研究員
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2022/07 - 現在 Frontiers in Neuroscience Review Editor
受賞 (3件):
  • 2015/11 - 第9回オートファジー研究会 若手ベストポスター賞
  • 2015/08 - 第27回高遠分子細胞生物学シンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2013/08 - 第25回高遠分子細胞生物学シンポジウム 優秀ポスター賞
所属学会 (3件):
日本神経科学学会 ,  日本プロテオーム学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る