{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902210815531459   整理番号:19A2361411

細胞二重軸の再検討 二重軸を誘導するためのしきい値剛性勾配の初期位置依存決定【JST・京大機械翻訳】

Cellular Durotaxis Revisited: Initial-Position-Dependent Determination of the Threshold Stiffness Gradient to Induce Durotaxis
著者 (2件):
資料名:
巻: 35  号: 23  ページ: 7478-7486  発行年: 2019年
JST資料番号: A0231B  ISSN: 0743-7463  CODEN: LANGD5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
剛性勾配を持つ培養基板上の柔らかい領域から剛直な領域への方向性細胞移動は,いわゆる双走性で,機械生物学の分野においてかなりの興味を引き付けている。剛性勾配の強さは複走性に影響を及ぼすことが知られているが,デュロタクシーに対する閾値剛性勾配(TG)がどのように決定されているかについて利用できる限られた知識のために,二重回転セルの正確な操作は確立されていない。本研究では,デュロタクシーの操作に対する原理を明らかにするために,ソフト領域の絶対剛性に焦点を当て,デュロタクシーを誘導するために必要なTGの決定に及ぼすその影響を評価した。ソフト領域の絶対剛性と剛性勾配の強度の両方に関して異なるミクロ弾性パターン化ゲルを光架橋可能ゼラチンを用いてフォトリソグラフィー的に調製し,間充織幹細胞(MSC)のTGをソフト領域の各剛性値について系統的に調べた。結果として,2.5,5,および10kPaの剛性を持つソフト領域のTG値は,それぞれ0.14,1.0,および1.4kPa/μmであり,TGはソフト領域の絶対剛性の増加とともに著しく増加した。焦点接着に対する面積と長軸の長さの解析は,MSCの接着性がより堅いソフト領域上でより安定していることを明らかにした。これらの結果は,細胞開始の初期位置がTG値の決定に重要な役割を果たし,さらに,培養基質の位置依存性TGと固有剛性勾配(IG)の間の関係がデュロタクシーを誘導するために注意深く再考されなければならないことを示唆した。IgはTG(IG≧TG)より高い。この原理は,細胞の走走性を操作するための生体材料を設計するための基本的な指針を提供する。Copyright 2019 American Chemical Society All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
固-液界面  ,  高分子固体のその他の性質 

前のページに戻る