{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902213143752589   整理番号:19A1663290

間葉系幹細胞のフラストレート分化【JST・京大機械翻訳】

Frustrated differentiation of mesenchymal stem cells
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 377-382  発行年: 2019年
JST資料番号: W4110A  ISSN: 1867-2469  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
間充織幹細胞(MSCs)は再生医療における臨床応用のための最も有用な細胞資源の1つである。しかしながら,MSCsの標準化と品質保証は,MSCの幹性が収集方法,ソースに関連する個人差,および細胞培養履歴のような因子に依存するため,依然として必須の問題である。このように,MSCsの幹性を保証する培養技術の確立は極めて重要である。培養中のMSCsに影響する1つの重要な因子は,細胞外機械的環境の特別な機械的性質との遭遇により構築された培養MSCの機械生物学的記憶の影響である。MSCが未分化状態に留まることを保証することができる。培養MSCに対する機械的用量の歴史に関連する影響を除去することができる手順が必要である。この問題のために,マトリックスの異なる領域の間の細胞のnomadic移動の期間中に機械的振動を効果的に誘導することができる微小弾性パターン化細胞培養マトリックスの設計を確立することを試みた。著者らはこれまでに,nomadic培養中にそのような成長レジメンに曝露されたMSCが,特定の系統を決定すると思われる特別な規則的な機械的用量の欠如によると信じられている幹細胞の維持により未分化状態を維持していることを以前に観察した。この状況を「フラストレーション分化」と命名した。本ミニレビューでは,MSCsのフラストレート分化の概念を紹介し,この現象の意図的な調節の可能性を示した。Copyright 2019 International Union for Pure and Applied Biophysics (IUPAB) and Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
細胞生理一般  ,  細胞・組織培養法 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る