{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902215781229114   整理番号:19A0216981

人間科学 優等列車内において乗客が感じる温熱快適性の季節差の研究

The Study on the Seasonal Characteristics of Thermal Comfort Felt by Passengers in a Main Line Vehicle
著者 (5件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 41-46  発行年: 2019年01月01日
JST資料番号: X0700A  ISSN: 0914-2290  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,優等列車内における温熱環境と乗客が感じる温熱快適性との関係についての季節差を調査した。最初に,優等列車内における温熱環境の特性を理解するために,定期的旅客サービスにおいて温度と湿度を測定することによって現場調査を実施した。次に,乗客が感じる温熱快適性に関する基礎データを得るために主観的実験を実施した。結果として,一年を通じて乗客が感じる温熱快適性を正確に評価するためには,温熱快適性の季節差を考慮する必要があることを示した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
輸送と業務  ,  車両冷暖房 
引用文献 (7件):
  • ISO7730 : Ergonomics of the thermal environment-Analytical determination and interpretation of thermal comfort using calculation of the PMV and PPD indices and local thermal comfort criteria, International Standard Organization, 1995.
  • 遠藤広晴ほか : 夏季の通勤列車内の温熱快適性予測手法, 鉄道総研報告, Vol.29, No.7, pp.27-32, 2015
  • 遠藤広晴ほか : 冬季の優等列車内における温熱快適性に関する被験者実験, 鉄道総研報告, Vol.30, No.9, pp.29-34, 2016
  • 遠藤広晴ほか : 鉄道車両における乗客の温熱快適性に関する実験的研究, 日本機械学会論文集, Vol.83, No.854, 17-00089, 2017
  • 深井一夫ほか : 標準新有効温度(SET*)と日本人の温熱感覚に関する実験的研究 第2報 - 冬季および夏季における温熱感覚の比較, 空気調和・衛生工学論文集, No.51, pp.139-147, 1993
もっと見る

前のページに戻る