{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902224432334105   整理番号:19A2639024

家庭リハビリテーション装置を用いた指の協調運動の自動評価【JST・京大機械翻訳】

Automated Evaluation of Coordinated Movement of Fingers Using Home Rehabilitation Device
著者 (5件):
資料名:
巻: 2019  号: LifeTech  ページ: 6-7  発行年: 2019年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
在宅リハビリテーションは高齢化社会において非常に必要である。特に,手指に麻痺を有する片麻痺患者に対しては,長い連続的リハビリテーションが回復に有効であることが知られている。医療専門医の助けなしで在宅リハビリテーションを自動化するためには,リハビリテーション手順を提供するだけでなく,患者の麻痺の状態を与えることが望ましい。著者らの以前の研究において,著者らは,分離的な自発的指リフト運動を促進するためのロボット装置を提案した。この装置は望ましくない指の動きの程度を監視するために各指に圧力センサを取り付ける。しかしながら,これらの指圧時系列データにより麻痺の状態を測定する有効な方法であることは明らかではない。本論文では,指の「協調運動」に基づく新しい測定法を提案した。患者は,PINCH2(指標指と母指によるピンチ運動),ピンチ3(指標によるピンチ運動,中間と母指),把持p2(リングと小指による把持運動),握力(中間,リング,および小指による把握運動)の4つの作業を行うように求められる。指運動の全ての圧力時系列は,標準の健康な被験者のデータとの類似性を定量化した。著者らは,把持が麻痺の程度と最大の対応関係を持つことを見出した。Copyright 2019 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの運動・制御  ,  パターン認識 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る