{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902226976406293   整理番号:19A0773331

潜在的技能保有者を顕在化するための娯楽的Know-who支援手法

A Recreational Know-who Support Method to Find Latent Skill Holders
著者 (3件):
資料名:
巻: 2019  号: HCI-182  ページ: Vol.2019-HCI-182,No.9,1-8 (WEB ONLY)  発行年: 2019年03月11日
JST資料番号: U0451A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
「過去に誰がどんな専門的知識や技能を有していたのか」.この情報は,本人が自己開示をしない限り他者は知ることができない.つまり,たとえどんなに優れた技能を過去に身に着けていたとしても,経験者自身がそれを開示しない限り有効活用されることなく埋もれていく.過去に経験した技能の鍛錬を再開し,現役時の腕前を取り戻して再度活用できるようになれば,その道の専門家に返り咲くことができる.したがって,初心者を一から育成するよりも短時間で専門家を輩出することが可能となる.本研究では,このような「かつての専門家」の顕在化を図るため,既知情報に関する誤りを見るとつい指摘したくなる衝動を利用したKnow-who支援システムQuondam Experts Finderを提案・実装し,その有効性を検証する.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
職能管理 
引用文献 (7件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る