{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902231861522501   整理番号:19A1949867

タンデム質量分析と組み合わせた超高速液体クロマトグラフィーを用いたヒト全血中のタクロリムスと13-O-デメチルタクロリムスの高感度同時定量【JST・京大機械翻訳】

High-sensitivity simultaneous quantification of tacrolimus and 13-O-demethyl tacrolimus in human whole blood using ultra-performance liquid chromatography coupled to tandem mass spectrometry
著者 (9件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: e4584  発行年: 2019年
JST資料番号: E0166C  ISSN: 0269-3879  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
タクロリムスの血中濃度は患者間で大きな変動性を示し,狭い治療範囲は副作用に関連する。したがって,治療薬モニタリングは厳密な管理に必要である。13-O-デメチルタクロリムス(13-O-DMT)はCYP3A5のようなチトクロームP450(CYP)3Aにより形成される主要代謝産物として報告されている。以前の研究において,定量下限(LLOQ)は両物質に対して0.1ng/mLであった。しかし,タクロリムスの投与量が近年減少しているので,このLLOQは十分に低くない可能性がある。本研究の目的は,タンデム質量分析(UPLC-MS/MS)による超高速液体クロマトグラフィーを用いて,ヒト全血中のタクロリムスと13-O-DMTの同時定量のための高感度で高スループットな分析法を開発し,検証することであった。タクロリムスを受けている35人の安定した腎臓移植レシピエントを本研究で募集した。検量線範囲は0.04~40ng/mLであった。すべてのキャリブレーション試料と品質管理試料は,米国食品医薬品局と欧州医薬品局ガイドラインの要求を満たした。タクロリムスを投与している35人の安定した腎臓移植レシピエントにおけるタクロリムスと13-O-DMTのトラフ濃度は,それぞれの較正曲線の範囲内であった。著者らの新規UPLC-MS/MS法は,タクロリムスと13-O-DMTの定量のための以前の方法よりも感度が高い。Copyright 2019 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生物薬剤学(基礎)  ,  質量分析  ,  液体クロマトグラフィー  ,  生物薬剤学(臨床)  ,  生化学的分析法 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る