{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902233486312054   整理番号:19A1960078

距離ベース排他的戦略を用いたマルチモーダル最適化のためのファイアワークアルゴリズム【JST・京大機械翻訳】

Fireworks Algorithm for Multimodal Optimization Using a Distance-based Exclusive Strategy
著者 (3件):
資料名:
巻: 2019  号: CEC  ページ: 2215-2220  発行年: 2019年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
複数の大域的/局所的最適化を見出すためのニッチ法として花火アルゴリズムを拡張するための距離に基づく排他的戦略を提案した。この戦略は,花火の個人とその生成されたスパークの個人から成るサブグループを形成し,各サブグループは互いに重複領域を探索しないように保証される。最後に,花火個人は異なるグローバル/ローカル最適化を見出すことが期待される。提案した戦略は花火と他の花火の間の距離をチェックし,それは花火のそれよりも適合性が優れている。2つの花火個体間の距離がそれらの検索半径の和より短い場合,すなわち,花火爆発の振幅,これらの2つの花火個体は重複領域を探索すると考えられる。従って,貧弱な花火は除去され,複数の最適を追跡するために反対の点で置き換えられる。提案した戦略の性能を評価するために,強化された花火アルゴリズム(EFWA)をベースラインアルゴリズムとして使用し,著者らの提案と組み合わせた。著者らは,単一目的マルチニッチ最適化に専用のCEC2015試験一式から8つのベンチマーク関数に関して,制御された実験を設計して,EFWAと(EFWA+著者らの提案)を実行した。実験結果は,提案された戦略が1つの試行実行において複数の異なる最適化を見つけることができることを確認した。Copyright 2019 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る