{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902236255929108   整理番号:19A0220990

ブロイラー初生雛への飼料給与の開始日齢が鶏肉に及ぼす影響 2)

著者 (9件):
資料名:
巻: 94  号:ページ: 16-20  発行年: 2019年02月01日
JST資料番号: Y0890A  ISSN: 0029-0785  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・ブロイラー初生雛への飼料給与の開始日齢がニワトリの飼養成績,鶏肉中の成分,および鶏肉スープの呈味成分に及ぼす影響について検討。
・飼料給与を0日齢から開始した対照区と比較して2日齢から開始した遅延区は出荷体重に達するまでの飼養期間が長く,1羽当たりの飼料摂取量も多くなることが示唆。
・ムネ肉中のα-トコフェロールは遅延区が有意に低いことから,脂質酸化度が上昇してドリップロス量が増加すること,ミオグロビンが酸化されて鶏肉の色調が変化することを把握。
・この脂質酸化度の増加要因を解析した結果,遅延区では抗酸化酵素の発現量が減少することによりα-トコフェロールが減少すること,および代謝産物に変化が見られることを確認。
・鶏肉スープに与える影響については,味認識装置による試験から遅延区の方が食味で低い値を示したが,遅延区と対照区では旨味を呈するグルタミン酸含量に違いが検出されなかったことから,この食味低下の一因として鶏肉中の呈味成分がスープの調製前にドリップとして漏出したものと推察。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鶏  ,  食品の化学・栄養価  ,  生肉の品質と処理 

前のページに戻る