{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902237097802454   整理番号:19A2899163

Andersen-Tawil症候群の家族で同定されたKCNJ2遺伝子における二重点突然変異の機能解析【JST・京大機械翻訳】

Functional analysis of a double-point mutation in the KCNJ2 gene identified in a family with Andersen-Tawil syndrome
著者 (10件):
資料名:
巻: 407  ページ: Null  発行年: 2019年
JST資料番号: A1131A  ISSN: 0022-510X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Andersen-Tawil症候群(ATS)は,周期性麻痺,QT延長により特徴付けられる不整脈,および異型特徴を生じる常染色体優性遺伝を伴う骨格筋チャンネル症である。KCNJ2遺伝子は,ATSの原因遺伝子として同定されている。症例は21歳の男性と母親の2例で,発作性麻痺発作および/または不整脈があり,それらはATSの特徴である。両G144A,報告されたATS突然変異,およびV296F,新規突然変異,が発端者および彼の母親からの同じ対立遺伝子上のKCNJ2遺伝子において同定されたが,父親からは同定されなかった。本研究では,カリウムチャンネルKir2.1に対するこれらの変異体の機能的効果と二重突然変異の意義を調べた。培養細胞で発現したG144A,V296FおよびG144A-V296F変異体チャンネルは,Kir2.1に対するこれらの変異の機能喪失効果を明らかにした。G144AとG144A-V296FチャンネルのK+電流はV296Fチャンネル単独よりも抑制されたが,G144AとG144A-V296Fの間に差はなかった。我々の知る限り,KCNJ2遺伝子の二重変異は以前に報告されていない。一方,2つの突然変異のいずれかがATSを引き起こす可能性がある一方で,G144A突然変異は患者の臨床症状に及ぼす優性効果を引き起こす可能性がある。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝的変異  ,  神経系の疾患 

前のページに戻る