{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902240582141889   整理番号:19A1534354

等価回路適合のための代替ツールとしての固体酸化物燃料電池アノードの物理化学インピーダンスモデリング【JST・京大機械翻訳】

Physicochemical impedance modeling of solid oxide fuel cell anode as an alternative tool for equivalent circuit fitting
著者 (5件):
資料名:
巻: 431  ページ: 153-161  発行年: 2019年
JST資料番号: B0703B  ISSN: 0378-7753  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
固体酸化物燃料電池(SOFC)アノードの簡単ではあるが物理的に意味のある数値モデルを,そのインピーダンススペクトルを理解し再現するツールとして開発した。モデルは,非線形電気化学反応モデルにより結合されたアノード内の電子,イオンおよびガス種の保存を考慮した。イオン伝導率,交換電流密度および静電容量を調整することにより,いくつかの温度で開回路条件で実験的に得られたインピーダンススペクトルにより,開発したモデルを最初に較正した。これらのパラメータの全ては,文献で見出された許容範囲内にあることを確認した。また,三次元FIB-SEM画像により得られた実際のアノード微細構造パラメータを,モデルから任意のフィッティングパラメータを除去するために実行した。次に,このモデルを用いて,異なる微細構造を有する別のアノードから得られたインピーダンススペクトルを再現し,また,分極条件および異なる温度で測定されたインピーダンススペクトルを再現し,実験結果と良く一致した。インピーダンススペクトルを再現するために必要な計算資源を考慮すると,開発したモデルは従来の等価回路フィッティングの代替として使用することが期待される。Copyright 2019 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
燃料電池  ,  二次電池 

前のページに戻る