{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902242484332419   整理番号:19A0807803

カルシウム非依存性ホスホリパーゼA_2γ(IPLA_2γ)とその細胞機能と疾患における役割【JST・京大機械翻訳】

Calcium-independent phospholipase A2γ (iPLA2γ) and its roles in cellular functions and diseases
著者 (5件):
資料名:
巻: 1864  号:ページ: 861-868  発行年: 2019年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カルシウム非依存性ホスホリパーゼA_2γ(iPLA_2γ)/パティ様ホスホリパーゼドメイン含有リパーゼ8(PNPLA8)は,それらの活性のためにCa2+イオンを必要としないiPLA_2酵素の1つである。iPLA_2γは,4つの異なる翻訳開始部位の利用とミトコンドリアおよびペルオキシソーム局在化シグナルの存在を含むユニークな特徴を有する膜結合酵素である。この酵素はミトコンドリアとペルオキシソームに優先的に分布しており,これらのオルガネラにおける脂質ホメオスタシスの維持に関与していると考えられている。したがって,in vivoでのiPLA_2γの過剰発現と欠失の両方がミトコンドリア異常と機能不全を引き起こした。脂質メディエーター生産におけるiPLA_2γの役割と酸化ストレスに対する細胞保護は,in vitroおよびin vivo研究により示唆されている。したがって,iPLA_2γの調節不全は,代謝性疾患および癌を含む多くの疾患の発生における重要な因子である。本レビューにおいて,iPLA_2γの生化学的性質の概観を提供し,次にノックアウトマウス研究により明らかにされたiPLA_2γのin vivo役割の現在の理解を要約した。Copyright 2019 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
細胞構成体の機能 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る