{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902251716590673   整理番号:19A1872489

小児ネフローゼ症候群に対し約10年間シクロスポリンが使用され腎症を呈した2例

著者 (8件):
資料名:
巻: 39  ページ: 188-191  発行年: 2019年07月31日
JST資料番号: X0625A  ISSN: 1341-5875  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シクロスポリン(CsA)の長期使用はCsA腎症のリスクが高く...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=19A1872489&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=X0625A") }}
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
泌尿生殖器の診断  ,  中毒の診断  ,  病理検査 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (12件):
  • Kikunaga K, Ishikura K, Terano C, et al. High incidence of idiopathic nephrotic syndrome in East Asian children : a nationwide survey in Japan (JP-SHINE study). Clin Exp Nephrol 2017 ; 21 : 651-7.
  • Ishikura K, Matsumoto S, Sako M, et al. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013 : medical therapy. Clin Exp Nephrol 2015 ; 19 : 6-33.
  • 厚生労働省科学研究費補助金平成27年度日本医療開発機構腎疾患実用化研究事業「慢性腎臓病の進行を促進する薬剤等による腎障害の早期診断法と治療法の開発」薬剤性腎障害の診療ガイドライン作成委員会.薬剤性腎障害診療ガイドライン2016.日腎会誌 2016;58:477-555.
  • 日本腎病理学会,日本腎臓学会編.移植腎の薬剤性障害.腎生検病理アトラス改訂版.東京:東京医学社,2017:337-41.
  • Ishikura K, Ikeda M, Hattori S, et al. Effective and safe treatment with cyclosporine in nephrotic children : a prospective, randomized multicenter trial. Kidney Int 2008 ; 73 : 1167-73.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る