{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902263191830109   整理番号:19A0120174

家庭リハビリテーションのための指圧感知装置を用いた手の運動機能回復の自動評価【JST・京大機械翻訳】

[Regular Paper] Automated Evaluation of Hand Motor Function Recovery by Using Finger Pressure Sensing Device for Home Rehabilitation
著者 (5件):
資料名:
巻: 2018  号: BIBE  ページ: 207-214  発行年: 2018年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Hemiplegiaによって引き起こされる指の麻痺は回復するのが難しい。患者は,手に残る麻痺を伴う退院をしばしば強いた。これにより,家庭での継続的リハビリテーションが必要である。しかし,治療士の助けなしに手指リハビリテーションを行うことは困難である。このため,在宅リハビリテーションを実現する自動化指リハビリテーション装置を提案した。患者は,指を上げるための装置によって求められ,そして,装置は,圧力センサによって,他の指上に望ましくない動きが見つかるかどうかを測定する。不随意運動をモニターするためには,患者の回復状態の程度を評価する必要がある。このために,著者らの以前の研究における定量化法を提案した。この方法は,患者が健康な人のそれに近くなると,患者が回復すると見なされるという仮説に基づいている。しかしながら,母指が解剖学的構造において他の指と異なるので,4つの指(インデックス,中間,リング,ほとんど)だけを用いて,回復の程度を評価した。本論文では,すべての5つの指のセンサ信号を含む新しい回復評価法を示した。二つの可能な評価法を説明した。一つは単純な積分法であり,もう一つは一般化線形モデル(GLM)による統合である。これらの方法を比較すると,GLMによる積分法は回復の良好なスカラー測定を提供し,以前に臨床スケールで評価された患者で行われた実験により検証された。Copyright 2019 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 

前のページに戻る