{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902266734984985   整理番号:19A0772442

中部地方における防災建築街区の実態把握と評価および現況の課題-近現代の建築資源を活かしたまちなか居住の実現に向けて-

SURVEY AND EVALUATION OF ACTUAL SITUATION OF DISASTER PREVENTION BUILDING BLOCKS IN CHUBU REGION-Toward realization of residence in the central urban area utilizing modern buildings-
著者 (6件):
資料名:
号: 45  ページ: 129-140  発行年: 2019年03月31日
JST資料番号: S0422B  ISSN: 2433-801X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,防災建築街区の全国的実績の分析,全国の自治体へのアンケート調査を行った上で,防災建築街区の現況および計画の実態と特徴を具体的に明らかにすることを目的に,中部地方を対象とする現地調査を実施した。全国および中部地方でおよそ4分の3の防災ビルが現存する。防災建築街区には,土地の来歴や街区造成の経緯を反映した3つの地区類型と3つのビル類型が見られる。最もよく見られるのは,旧街道沿いの商店街を基盤とする沿道型地区+長屋型ビルである。これは都市の歴史的文脈や生活空間・近隣関係を継承している点において,中心市街地の活性化に向けて活用されるべき資源と評価しうる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
住居地域計画一般 

前のページに戻る