{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902269801181579   整理番号:19A2351070

ゾニサミドの治療薬物モニタリングのための高速液体クロマトグラフィーとラテックス凝集濁度免疫測定法の間の性能特性の比較【JST・京大機械翻訳】

Comparison of performance characteristics between high-performance liquid chromatography and latex agglutination turbidimetric immunoassay for therapeutic drug monitoring of zonisamide
著者 (5件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: e22940  発行年: 2019年
JST資料番号: W2635A  ISSN: 0887-8013  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
背景:最近,ラテックス粒子増強比濁免疫測定法(LTIA)法を用いたNanopy-TDM Zonisamide試薬が開発された。本研究の目的は,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)法により定量した血清ゾニサミド(ZNS)濃度とTBA-25FR分析器を用いたLTIA法の違いを比較することであった。【方法】:33人の患者から合計78のサンプルを,HPLCとLTIA法の両方によって定量した。HPLC法の前処理として除蛋白を用いた。2つの方法で定量したZNS濃度を比較した。【結果】HPLC法は,日内および日間精度が1.86%および9.00%より低く,精度はそれぞれ2.44%および6.33%より良好であった。LTIA法は,それぞれ2.50%および5.20%より低い日内および日間精度を示し,精度はそれぞれ15.80%および10.60%より良好であった。HPLC及びLTIA法の定量下限はそれぞれ1.0及び5.0μg/mLであった。HPLC法により定量したZNS濃度はLTIA法によるそれと強く相関した(r=0.953,P<0.001)。Bland-Altmanプロットは,HPLCとLTIA法により定量したZNS濃度間の系統的誤差を示唆しなかった。結論:本研究は,HPLCとLTIA法により定量した濃度の間に,高濃度と低濃度の両方で差がないことを確認し,LTIA法による測定の信頼性を示した。Copyright 2019 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
感染症・寄生虫症一般  ,  血液検査  ,  消化器の腫よう 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る