{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902272968444449   整理番号:19A0559377

CH_3CNにおける天然由来非保護4-ビニルフェノール,4-ビニルグアイアコールおよび4-ビニルカテコールのR-Cl/SnCl_4/n-Bu_4NCl誘起直接リビングカチオン重合【JST・京大機械翻訳】

R-Cl/SnCl4/n-Bu4NCl-induced direct living cationic polymerization of naturally-derived unprotected 4-vinylphenol, 4-vinylguaiacol, and 4-vinylcatechol in CH3CN
著者 (3件):
資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 1192-1201  発行年: 2019年
JST資料番号: W2349A  ISSN: 1759-9954  CODEN: PCOHC2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
開始剤としてのアルキル塩化物(R-Cl)と活性化剤としてのMTCL_nとの組合せを,n-Bu_4NClのような添加物の不在と存在下で,天然に存在するp-クマリン酸から誘導された非保護4-ビニルフェノールまたはp-ヒドロキシスチレン(PHOS)の直接カチオン重合に用いた。p-メトキシスチレン(pMOS-HCl),SnCl_4,およびn-Bu_4NClのHCl付加物から成る開始システムは,フェノール基上に保護基を使用せずにCH_3CN中でPHOSの直接リビングカチオン重合を誘導し,制御された分子量と狭い分子量分布(MWDs)(M_w/M_n=1.1~1.2)をもたらした。pMOS-HCl/SnCl_4/n-Bu_4NCl開始系は,フェノールの存在下でもCH_3CN中でのpMOSのリビングカチオン重合に対して効果的であり,フェノールによって引き起こされたプロトン開始および連鎖移動反応のような副反応はほとんど完全に抑制された。混合物の1Hと119Sn NMR分析は,CH_3CNがフェノールとSnCl_4の両方と強く相互作用し,フェノールとSnCl_4の間の直接相互作用を防止し,これらの副反応を抑制することを明らかにした。4-ビニルグアイアコールと4-ビニルカテコールの類似の直接生カチオン重合は,それぞれ天然に存在するフェルラ酸とカフェー酸の脱炭酸により得られ,フェノールとカテコール基を保護することなく,CH_3CN中で明確な重合体(M_w/M_n=1.1~1.2)をもたらした。Copyright 2019 Royal Society of Chemistry All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
共重合  ,  重合触媒,重合開始剤 
物質索引 (5件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る