{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902278640116417   整理番号:19A0388004

不均一UV照射リバースモード液晶素子の特性改善

Improvement of characteristics of nonuniform UV irradiation reverse mode liquid crystal device
著者 (3件):
資料名:
巻: 118  号: 422(EID2018 8-20)  ページ: 125-128  発行年: 2019年01月17日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
液晶と反応性メソゲン(Reactive Mesogen:RM)の複合系により,電圧無印加場合に透明状態,電圧印加場合に光散乱状態となるリバースモード液晶素子が提案されている。リバースモード液晶素子では,大小の液晶ドメイン間での光散乱が寄与することで,リバースモード素子の低電圧駆動化ことが期待できる。本研究では,フォトマスクを使用し,不均一なUV照射を行うことで大小の液晶ドメインを形成させることを試み,ライン状のフォトマスクを用いたとき,最適なライン幅,UV照射条件があることを明らかとした。また,液晶の初期配向状態をホモジニアス配向とツイステッドネマチック配向とした場合の電気光学特性を比較した。さらに,不均一UV照射が素子の機械的強度を向上させる条件についても検討した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
液晶一般 
引用文献 (5件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る