{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902280197188758   整理番号:19A0490179

補酵素A非依存性アシル転移系;アシル転移におけるホスホリパーゼA2の関与の可能性【JST・京大機械翻訳】

Coenzyme-A-Independent Transacylation System; Possible Involvement of Phospholipase A2 in Transacylation
著者 (9件):
資料名:
巻:号:ページ: 23  発行年: 2017年
JST資料番号: U7145A  ISSN: 2079-7737  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: スイス (CHE)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
補酵素A(CoA)非依存性トランスアシル化システムは,CoAのような補因子の不在下でリン脂質からリゾリン脂質への脂肪酸移動を触媒する。それは,sn-2位置でグリセロリン脂質でエステル化されるアラキドン酸のようなC20とC22の多価不飽和脂肪酸を使用することを好む。この系はアルキルエーテル結合リゾリン脂質をアシル化することもでき,アルキルエーテル結合グリセロリン脂質におけるアラキドン酸の濃縮に関与し,エイコサノイドの代謝及び血小板活性化因子に重要である。それらの重要性にもかかわらず,これらの反応に関与する酵素はまだ同定されていない。本レビューにおいて,Ca2+非依存性,膜結合CoA非依存性アシル交換系の特徴及びアラキドン酸に対するその選択性について述べた。CoA非依存性アシル化反応におけるホスホリパーゼA2の関与も推測した。Copyright 2019 The Author(s) All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
酵素一般  ,  生体膜一般 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (128件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る