{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902288993534154   整理番号:19A1070608

日本における臨床薬学教育:臨床実習前の実験室ベースのコミュニケーションスキル訓練における模擬患者の使用【JST・京大機械翻訳】

Clinical Pharmacy Education in Japan: Using Simulated Patients in Laboratory-Based Communication-Skills Training before Clinical Practice
著者 (8件):
資料名:
巻:号:ページ: 49  発行年: 2018年
JST資料番号: U7259A  ISSN: 2226-4787  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本の製薬カリキュラムは,2006年に4から6年まで延長された。学生は,4年目に実際のコミュニケーションスキル訓練を受けており,5年目に病院およびコミュニティ薬局において訓練を進める前に行われている。東京都の北as大学学校は,2006年の指導の前にこれらの目的を満たすためのプログラムを確立した。本研究では,このコミュニケーションスキル訓練プログラムの特徴を検討し評価した。本研究は,Kitasato大学における242人の4年生の薬学学生を登録した。学生は学部教育の実験室要素を補完した後にアンケート調査を行った。訓練の一部として,学生は,病院入院と患者カウンセリングをカバーする模擬患者インタビューを実施する前に,モデルカルテから患者データを得るよう求められた。これらのシミュレーションは小グループで繰り返され,フィードバックはシミュレーションされた患者と各提示後の教職の両方によって学生に提供された。学生はこのアプローチによりコミュニケーションスキルを開発できることが分かった。そこで,学生が臨床的および実際的なコミュニケーションスキルを獲得することを可能にする,段階的で連続的な訓練の効果的なシステムを開発した。Copyright 2019 The Author(s) All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
薬事,薬業  ,  薬学一般  ,  向精神薬の臨床への応用  ,  精神障害の薬物療法 
引用文献 (12件):
  • Ministry of Education, Cultures, Sports, Science and Technology. Improving and Expanding Pharmaceutical Education. Available online: http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04021801.htm (accessed on 1 March 2018). The Pharmaceutical Society of Japan. Model Core Curriculum for Pharmacy Education. Available online: http://www.pharm.or.jp/kyoiku/pdf/mdl_1408.pdf (accessed on 1 March 2018). The Pharmaceutical Society of Japan. Model Core Curriculum for Pharmacy Practice. Available online: http://www.pharm.or.jp/kyoiku/pdf/mdl_1512.pdf (accessed on 1 March 2018). Pharmaceutical Common Achievement Tests Organization. Available online: http://www.phcat.or.jp/en/ (accessed on 1 March 2018).
  • Lin, K.P.; Travlos, D.V.P.; Wadelin, J.W.P.; Vlasses, P.H.P. Simulation and introductory pharmacy practice experiences. Am. J. Pharm. Educ. 2011, 75, 209.
  • Seybert, A.L. Patient simulation in pharmacy education. Am. J. Pharm. Educ. 2011, 75, 187.
  • Rickles, N.M.; Tieu, P.; Myers, L.; Galal, S.; Chung, V. The impact of a standardized patient program on student learning of communication skills. Am. J. Pharm. Educ. 2009, 73, 4.
  • Cant, R.P.; Cooper, S.J. Simulation-based learning in nurse education: Systematic review. J. Adv. Nurs. 2010, 66, 3-15.
もっと見る

前のページに戻る