{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902289992589561   整理番号:19A2905444

硬骨魚細胞傷害性T細胞【JST・京大機械翻訳】

Teleost cytotoxic T cells
著者 (6件):
資料名:
巻: 95  ページ: 422-439  発行年: 2019年
JST資料番号: W1617A  ISSN: 1050-4648  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
細胞仲介細胞毒性は,脊椎動物が細胞内病原体を制御する主要な機構の1つである。2つの細胞型はこの免疫応答,ナチュラルキラー(NK)細胞および細胞傷害性Tリンパ球(CTL)における主要なプレーヤーである。NK細胞は相対的に非特異的に変化した標的細胞を認識するが,CTLは感染細胞表面上の主要組織適合性(MHC)クラスI分子により提示される病原体特異的ペプチドを同定するためにT細胞受容体を用いる。しかしながら,サイトカインとリガンド-受容体相互作用の複雑なネットワークを含む細胞仲介細胞毒性を調節するために,いくつかの他のシグナルが必要である。過去世紀の90年代の間の硬骨魚類におけるMHCクラスI分子の最初の記述以来,硬骨魚免疫応答に関する著しい量の情報が発表されている。対応する研究は,高等脊椎動物のCTL応答に関与する硬骨魚細胞と分子を記述する。これらの研究は,いくつかの硬骨魚種におけるCTLの殺活性に関する機能的研究によって支持されている。硬骨魚CTLsに関する現在の知識は,CTLsが作用する機構に関するさらなる研究のためにまだかなりの余地を残している。それにもかかわらず,硬骨魚CTLsとそれらの調節に関する情報は,CTL応答が対応する病原体の除去に決定的であることが知られているような疾患に対する効率的なワクチンの設計により,魚類疾患の制御に既に有用である。本レビューは,硬骨魚におけるCTL調節と機能に関する現在の知識をまとめる。特別な章では,ワクチン接種におけるCTLの役割について議論する。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
免疫反応一般 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る