研究者
J-GLOBAL ID:202001000036016007   更新日: 2021年09月05日

渋谷 和

シブタニ カズ | Shibutani Kazu
所属機関・部署:
職名: 助手
論文 (2件):
  • Predictive value of combined computed tomography volumetry and magnetic resonance elastography for major complications after liver resection. Abdominal Radiology. 2021. 46. 7. 3193-3204
  • Prediction of esophageal varices by liver and spleen MR elastography. Eur Radiol. 2019. 29. 12. 6611-6619
講演・口頭発表等 (5件):
  • Focal Liver Reaction Following Localized Radiation Therapy of Hepatocellular Carcinoma
    (2020)
  • 肝 CT ボリューメトリー、MR エラストグラフィーによる肝切除後合併症予測能の 検討
    (2019)
  • 膵臓原発の悪性腫瘍と鑑別が困難であった 後腹膜脂肪肉腫の1例
    (2019)
  • Pelvic Floor Failure on MR and CT Imagings: Cystocele, Rectocele/Rectal Prolapse, Genital Prolapse and Pelvic Floor Relaxation
    (2018)
  • All manner of things: Hepatocellular carcinoma imaging and therapy
    (2018)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る