研究者
J-GLOBAL ID:202001000395540323   更新日: 2022年05月11日

石上 啓介

Ishigami Keisuke
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (3件): 半導体、光物性、原子物理 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  薄膜、表面界面物性
研究キーワード (9件): 酸化物薄膜 ,  実験手法開発 ,  実験装置開発 ,  内殻X線吸収分光 ,  X線光電子分光 ,  磁気円二色性 ,  磁石 ,  放射光実験 ,  磁性
論文 (31件):
  • S. Jena, M. Zzaman, V. K. Verma, K. Ishigami, G. Shibata, T. Ishikawa, G. F. Li, M. Yamamoto, R. Shahid, T. Koide, et al. Thickness-dependent electronic and magnetic states of Mn and Co atoms at Mn-rich Co2Mn1.20Ge0.38/MgO interfaces via soft x-ray magnetic circular dichroism. Physica B: Condensed Matter. 2022. 627
  • 隅谷 和嗣, 豊木 研太郎, 石上 啓介, 梶原 堅太郎, 中村 哲也, 田村 隆治, 木田 潤一郎, 加藤 涼, 松浦 裕, 米山 祐輔, et al. 光源の違いによる走査型X線後方散乱ラウエ顕微鏡の性能比較. SPring-8/SACLA利用研究成果集. 2021. 9. 6. 405-410
  • Matsuura Yutaka, Tamura Ryuji, Ishigami Keisuke, Sumitani Kazushi, Kajiwara Kentaro, Nakamura Tetsuya. Alignment and Angular Dependences of Coercivity for (Sm, Ce)2(Co, Fe, Cu, Zr)17 Magnets. Materials transactions. 2021. 62. 7. 1009-1012
  • Yutaka Matsuura, Ryo Maruyama, Ryo Kato, Ryuji Tamura, Keisuke Ishigami, Kazushi Sumitani, Kentaro Kajiwara, Tetsuya Nakamura. Magnetization reversal of (Sm, Ce)2(Co, Fe, Cu, Zr)17magnets as per soft x-ray magnetic circular dichroism microscopy. Applied Physics Letters. 2020. 117. 2
  • Goro Shibata, Kohei Yoshimatsu, Enju Sakai, Keisuke Ishigami, Shoya Sakamoto, Yosuke Nonaka, Fan-Hsiu Chang, Hong-Ji Lin, Di-Jing Huang, Chien-Te Chen, et al. Temperature Evolution of Magnetic Phases Near the Thickness-Dependent Metal-Insulator Transition in La1-xSrxMnO3 Thin Films Observed by XMCD. Proceedings of the International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2019). 2020
もっと見る
MISC (3件):
  • Y. Matsuura, R. Tamura, K. Ishigami, T. Nakamura. Observation of magnetization reversal process for (Sm,Ce)2(Co,Fe,Cu,Zr)17 magnets by soft X-ray magnetic circular dichroism microscopy. SPring-8/SACLA Research Frontiers 2020. 2021. 56-57
  • 芝田悟朗, 北村未歩, 簔原誠人, 吉松公平, 門野利治, 石上啓介, 原野貴幸, 高橋文雄, 坂本祥哉, 野中洋亮, et al. La1-xSrxMnO3薄膜における基板応力により誘起された異方的スピン分布の角度依存X線磁気円二色性による観測. Photon Factory News. 2018. 36. 3. 13-18
  • G. Shibata, M. Kitamura, M. Minohara, K. Yoshimatsu, T. Kadono, K. Ishigami, T. Harano, Y. Takahashi, S. Sakamoto, Y. Nonaka, et al. Strain-Induced Anisotropic Spin-Density Distribution in La1-xSrxMnO3 Thin Films Revealed by Angle-Dependent X-Ray Magnetic Circular Dichroism. Photon Factory Highlights 2017. 2018. 20-21
講演・口頭発表等 (40件):
  • X線分光スペクトル計測の効率化に向けたデータ科学的アプローチ
    (第76回SPring-8先端利用技術ワークショップ X線発光分光による電子状態研究の現状と将来展望 2022)
  • (Sm,Ce)2(Co,Fe,Cu,Zr)17磁石の保磁力配向度および角度依存性について
    (日本金属学会2021年秋季大会 2021)
  • 多結晶材料の結晶方位分布解析における新手法の開発 ~X線後方散乱回折法~
    (日本金属学会2021年春期大会 2021)
  • 軟X線磁気円二色性(XMCD)分光法による(Sm,Ce)2(Co,Fe,Cu,Zr)17磁石の磁化反転過程について
    (2020年度 SPRUC機能磁性材料分光研究会 2021)
  • X線磁気直線二色性によるLa<sub>1-x</sub>Sr<sub>x</sub>MnO<sub>3</sub>薄膜中の磁化誘起異方的電荷分布の観測
    (日本物理学会講演概要集 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2013 東京大学 複雑理工学専攻
  • 2003 - 2007 名古屋工業大学 材料工学科
学位 (2件):
  • 博士(科学) (東京大学)
  • 修士(科学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 東北大学 多元物質科学研究所 特任研究員
  • 2019/04 - 2022/03 公益財団法人高輝度光科学研究センター 放射光利用研究基盤センター 博士研究員
  • 2018/01 - 2019/04 公益財団法人高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門 博士研究員
  • 2017/04 - 2017/12 国立研究開発法人産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 産総研特別研究員
  • 2016/09 - 2017/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 派遣職員
全件表示
所属学会 (4件):
日本金属学会 ,  日本放射光学会 ,  応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る