研究者
J-GLOBAL ID:202001000670815648   更新日: 2020年09月04日

山本 大介

ヤマモト ダイスケ | Daisuke Yamamoto
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 有機合成化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  生物有機化学 ,  薬系化学、創薬科学
論文 (20件):
  • 山本大介, 牧野一石. 空気中の酸素分子を用いる二重結合の触媒的酸素付加型二官能基化反応の開発. 有機合成化学協会誌. 2019. 77. 7. 696-705
  • Yamamoto D, Ansai H, Hoshino J, Makino K. Manganese-Catalyzed Oxophosphorylation Reaction of Carbon-Carbon Double Bonds Using Molecular Oxygen in Air. Chem Pharm Bull. 2018. 66. 9. 873-879
  • Norimura Y, Yamamoto D, Makino K. Synthesis of sialic acid derivatives based on chiral substrate controlled stereoselectice aldol reactions using pyruvic acid oxabicyclo[2.2.2]octyl orthoester. Org Biomol Chem. 2017. 15. 3. 640-648
  • Yamamoto D, Oguro T, Tashiro Y, Soga M, Miyashita K, Aso Y, Makino K. Manganese-promoted oxidative cyclisation of unsaturated oximes using molecular oxygen in air under ambient conditions. Eur J Org Chem. 2016. 2016. 31. 5216-5219
  • Yamamoto D, Soga M, Ansai H, Makino K. Manganese-catalysed hydroperoxidation of carbon-carbon double bonds using molecular oxygen present in air and hydroxylamine under ambient conditions. Org Chem Front. 2016. 3. 11. 1420-1424
もっと見る
講演・口頭発表等 (93件):
  • マンガン錯体による酸素付加型炭素-炭素結合形成反応の開発
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • 空気中の酸素分子を用いる二重結合の触媒的酸素付加型二官能基化反応の開発
    (第7回 千葉大学キラリティーネットワーク研究会(WCCU)講演会 2020)
  • マンガン錯体による触媒的酸素付加型環化反応における塩基の加速効果
    (第11回北里化学シンポジウム 2019)
  • マンガン錯体による空気中の酸素分子を酸素源として用いるオキソホスホリル化反応の開発
    (第11回北里化学シンポジウム 2019)
  • マンガン錯体による空気中の酸素分子を酸素源とした3a-ヒドロキシピロロインドリン骨格構築法の開発
    (第11回北里化学シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2006 北里大学大学院 博士課程後期 薬学研究科
  • - 2003 北里大学大学院 博士課程前期 薬学研究科
  • - 2001 北里大学 薬学部
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北里大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 日本大学生物資源科学部 非常勤講師(兼務)
  • 2019/04 - 北里大学薬学部 講師
  • 2008/03 - 2019/03 北里大学薬学部 助教
  • 2006/05 - 2008/02 スタンフォード大学化学科博士研究員
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 北里大学 薬友会 理事
  • 2012/04 - 2015/03 日本薬学会 ファルマシアトピックス小委員
受賞 (4件):
  • 2018/06/13 - 第33回 二宮善基記念賞
  • 2018/05/10 - 薬学部優秀教育賞
  • 2014/07/16 - 薬学部優秀教育賞
  • 2010/04/01 - 有機合成化学協会研究企画賞
所属学会 (3件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る