研究者
J-GLOBAL ID:202001000695290833   更新日: 2021年03月27日

木場 智之

Koba Tomoyuki
所属機関・部署:
職名: 博士課程
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 政治学 ,  基礎法学
研究キーワード (6件): 近世スコラ学 ,  法制史 ,  政治思想史 ,  カイエタヌス ,  フランシスコ・デ・ビトリア ,  教会論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 伝統の継承と革新 フランシスコ・デ・ビトリアの国家・教会論
論文 (4件):
  • 木場 智之. 「社会的動物としての人間」と「政治社会」:フランシスコ・デ・ビトリアのテクストから. 西洋中世研究. 2020. 12. 93-110
  • 木場 智之. Francisco de Vitoria`s idea of natural law and its relationship with division of things. interface - Journal of European Languages and Literatures. 2020. 11. 1. 1-19
  • 木場 智之. 内乱をめぐる言語 : フランシスコ・デ・ビトリアの世俗権力論をめぐる政治思想史的文脈. 一橋社会科学. 2019. 11. 33-50
  • 木場 智之. 原理と反省 : カント平和論,第二確定条項の理解を目指して. 一橋研究. 2019. 44. 1. 17-33
MISC (2件):
  • 木場智之. 政治思想史研究における「政治」概念の多面性 -『共和制の理念』に寄せて-. ドイツ応用倫理学研究. 2019. 8. 140-146
  • 木場智之. 金 慧 『カントの政治哲学 自律・言論・移行』合評会」. ドイツ応用倫理学研究. 2019. 8. 131-137
書籍 (1件):
  • 理性の構成 カント実践哲学の探究
    法政大学出版局 2020
講演・口頭発表等 (4件):
  • Francisco de Vitoria and the theory of private property
    (WORKSHOP: LEGAL TRADITION IN MEDIEVAL AGE , Hongo campus: University of Tokyo 2019)
  • フランシスコ・デ・ビトリアにおける委託と神の権利
    (2019年度美学哲学コロキウム 2019)
  • Francisco de Vitoria`s idea of ius naturale and sequitur ex iure naturali
    (The 26. Hitotsubashi International Conference: INTERNATIONAL WORKSHOP "Kant's Practical Philosophy" 2019)
  • 網谷壮介『共和制の理念』に寄せて
    (第 27 回一橋哲学フォーラム/第 7 回スピノザ・コネクション 2018)
学歴 (3件):
  • 2020 - 現在 東京大学 総合法政専攻 基礎法学
  • 2018 - 2020 一橋大学
  • 2015 - 2018 東京大学
学位 (2件):
  • 法学士 (東京大学)
  • 社会学修士 (一橋大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 DC1(東京大学)
  • 2018/07 - 2019/08 一橋大学 RA(科研費 18H05218 尊厳概念のグローバルスタンダードの構築に向けた理論的・概念史的・比較文化論的研究)
  • 2018/06 - 2019/03 一橋大学 TA
受賞 (1件):
  • 2020/07 - 日本学生支援機構 業績優秀者返還免除
所属学会 (2件):
法制史学界 ,  西洋中世学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る