研究者
J-GLOBAL ID:202001000939044929   更新日: 2021年10月21日

丸山 武志

マルヤマ タケシ | MARUYAMA TAKESHI
所属機関・部署:
職名: シニアマネジャー
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (1件): 地方自治、政策形成、行政学、地域政策
論文 (2件):
  • 丸山 武志. 中小規模自治体の政策形成過程における外部登用人材の役割について. 地域マネジメント研究. 2021. 6. 30-49
  • 丸山 武志. 小規模自治体の行政課題と日本版シティマネージャー制度の展開 : 地方創生人材支援制度被派遣者の経験を通じて. 龍谷大学大学院政策学研究. 2017. 6. 149-174
MISC (8件):
  • 丸山 武志. バックキャスティングによる政策形成 最終回 政策形成の前提となる公式化 地域の未来像を複数考える. 日経グローカル. 2021. 408. 34-35
  • 丸山 武志. バックキャスティングによる政策形成 第1回 総合計画は必要か? ムダにしないための視点. 日経グローカル. 2020. 398. 34-35
  • 丸山武志. 地方創生は『鉄道事業者と連携したまちづくり』で実現すべし. 日本総研ニュースレター. 2014
  • 丸山 武志, 亀山 典子. 地域活性化と中小企業再生 (特集 多様化する事業再生). 月刊金融ジャ-ナル. 2010. 51. 6. 30-33
  • 丸山 武志, 亀山 典子. 地域論壇 商店街や温泉地、面的再生には何が必要か--高松・雲仙の事例を分析. 日経グローカル. 2010. 147. 52-55
もっと見る
書籍 (2件):
  • Q&A会社のしくみ50
    日本経済新聞出版社 2011 ISBN:9784532317263
  • 必携あらゆるお金の悩みを解決する資金調達完璧マニュアル
    すばる舎リンケージ,すばる舎 (発売) 2008 ISBN:9784883997411
講演・口頭発表等 (4件):
  • 米原市IoT推進ラボを中核とした農業DXの展開について
    (NEXT AGRI PROJECT OSAKA 2019 2019)
  • 地方創生の現状と地域経営における 外部人材活用の可能性 ~滋賀県米原市における取組を事例に~
    (特定非営利活動法人地域再生研究センター2019年度勉強会 2019)
  • 地域と金融機関の連携の状況について -滋賀県米原市における取組を事例に-
    (金融仲介の質の向上に向けたシンポジウム(近畿財務局) 2019)
  • 持続的な地域の実現に向けた米原市の取り組み
    (AWS SUMMIT 2018 2018)
学歴 (3件):
  • 2018 - 2021 同志社大学
  • 2016 - 2017 龍谷大学
  • 1990 - 1994 法政大学 経済学科
学位 (1件):
  • 博士(政策科学) (同志社大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 長崎市 デジタル政策コーディネーター
  • 2020/01 - 現在 彦根市役所 特別顧問
  • 2017/09 - 現在 龍谷大学 政策学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 米原市役所 シティマネージャー
  • 2014/04 - 現在 公立大学法人大阪市立大学 客員准教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2020/05 - 現在 滋賀県 滋賀県希望が丘文化公園活性化等検討懇話会委員
  • 2021/02 - 2021/03 彦根市・高島市 基幹業務系クラウドサービス共同利用業務プロポーザル審査会 委員長
  • 2018/02 - 2020/03 全国大学まちづくり政策フォーラムin京田辺 選考委員
  • 2018/06 - 2019/10 宇治市 宇治市植物公園あり方検討委員会委員
  • 2018/06 - 2019/03 彦根市 彦根市シティプロモーション戦略策定委員会アドバイザー
全件表示
所属学会 (4件):
地域マネジメント学会 ,  自治体学会 ,  日本地方自治研究学会 ,  日本行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る