研究者
J-GLOBAL ID:202001001213396059   更新日: 2022年07月31日

音 賢一

オト ケンイチ | OTO Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (3件): 量子ホール効果 ,  低次元電子系の量子伝導 ,  半導体物理学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2020 光渦による量子ホール・カイラルエッジ状態の電子励起と制御
  • 2018 - 2018 波長可変半導体レーザを用いた小型・簡便なCARS顕微イメージング装置の開発
  • 2017 - 2018 波長可変半導体レーザを用いた小型・簡便なCARS顕微イメージング装置の開発
  • 2016 - 2017 波長可変半導体レーザの分光計測への応用開発
  • 2013 - 2015 量子ホール電子系の空間・時間分解計測によるスピンダイナミクスの解明
全件表示
論文 (98件):
  • Kohei Sakanashi, Naoto Wada, Kentaro Murase, Kenichi Oto, Gil-Ho Kim, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Jonathan P. Bird, David K. Ferry, Nobuyuki Aoki. Valley polarized conductance quantization in bilayer graphene narrow quantum point contact. Applied Physics Letters. 2021. 118. 26. 263102-263102
  • Yuto Kajino, Kohei Sakanashi, Nobuyuki Aoki, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Kenichi Oto, Yasuhiro Yamada. Quantized exciton-exciton annihilation in monolayer WS2 on SrTiO3 substrate with atomically flat terraces. Physical Review B. 2021. 103. 24
  • Yasuhiro Yamada, Hirofumi Mino, Takuya Kawahara, Kenichi Oto, Hidekatsu Suzuura, Yoshihiko Kanemitsu. Polaron Masses in CH3NH3PbX3 Perovskites Determined by Landau Level Spectroscopy in Low Magnetic Fields. Physical Review Letters. 2021. 126. 23
  • Takumi Kimura, Kouhei Matsumori, Kenichi Oto, Yoshihiko Kanemitsu, Yasuhiro Yamada. Observation of high carrier mobility in CH3NH3PbBr3 single crystals by AC photo-Hall measurements. APPLIED PHYSICS EXPRESS. 2021. 14. 4
  • Yuto Kajino, Kenichi Oto, Yasuhiro Yamada. Modification of Optical Properties in Monolayer WS2 on Dielectric Substrates by Coulomb Engineering. The Journal of Physical Chemistry C. 2019. 123. 22. 14097-14102
もっと見る
MISC (195件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 単層WS2の励起子共鳴エネルギーに対する誘電遮蔽効果
    (日本物理学会2018年秋季大会 2018)
  • Electron spin polarization in the quantum Hall system under optical vortex irradiation
    (2018)
  • 配列 GaN ナノコラムが与える GaN/AlGaN 2 次元電子系へのポテンシャル変調
    (強磁場コラボラトリーが拓く未踏計測領域への挑戦と物質・材料科学の最先端 2017)
  • 光渦照射での量子ホール2次元電子系における電子スピン分極
    (強磁場コラボラトリーが拓く未踏計測領域への挑戦と物質・材料科学の最先端 2017)
  • 量子ホール効果ブレークダウンによる動的核スピン偏極の磁気光学 Kerr 効果を用いた観測
    (強磁場コラボラトリーが拓く未踏計測領域への挑戦と物質・材料科学の最先端 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 大阪大学 物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
委員歴 (9件):
  • 2019/04 - 2021/03 千葉大学先進科学センター センター長
  • 2018/04 - 2019/03 先進科学センター 入学者選考委員会委員長 [学部委員会]
  • 2017/04 - 2019/03 千葉大学先進科学センター 副センター長
  • 2016/04 - 2018/03 先進科学センター 教務委員長 [学部委員会]
  • 2017/04 - 国際教養学部 倫理審査会委員 [学部委員会]
全件表示
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る