研究者
J-GLOBAL ID:202001001440769520   更新日: 2020年07月19日

四辻 伸吾

ヨツツジ シンゴ | Yotsutsuji Shingo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (1件): いじめ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2017 いじめ観の変容を目指した総合的な学習の時間と特別活動のクロスカリキュラムの開発
  • 2014 - 2015 小学生の「いじめ観」の実態を踏まえた総合的な学習の時間のプログラム開発
論文 (14件):
  • 四辻 伸吾, 水野 治久. 学級生活志向性尺度の作成とその信頼性・妥当性の検討. 学級経営心理学研究 = The Japanese journal of classroom management psychology. 2020. 9. 1. 39-51
  • 四辻 伸吾, YOTSUTSUJI Shingo. 心理的諸課題への改善プログラムの文献展望と今後の課題. 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学. 2018. 65. 49-60
  • 四辻 伸吾, 藤本 佳子, 丸野 亨. 小学校における学級経営についての一考察(1). 大阪教育大学紀要. 総合教育科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University. 2018. 66. 273-283
  • 四辻 伸吾, YOTSUTSUJI Shingo. 日本の「いじめ予防・防止プログラム」の実践研究に関する文献展望. 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学. 2017. 64. 99-109
  • 四辻 伸吾, 水野 治久. 小学校高学年児童自己成長意欲尺度の作成とその活用. 学級経営心理学研究 = The Japanese journal of classroom management psychology. 2016. 5. 1. 39-52
もっと見る
MISC (2件):
  • 四辻 伸吾, 水野 治久. 小学生いじめ観尺度の作成とその信頼性・妥当性の検討. 教育カウンセリング研究. 2020. 10. 1. 1-10
  • 四辻 伸吾, 佐久間 敦史. 「混乱克服サイクル」を用いた総合的な学習のカリキュラム・デザイン : 5年・総合「一粒の種から地球を考えよう」での大討論会を中心に. 教育実践研究 = Osaka forum for applied research in education. 2019. 13. 39-47
学位 (2件):
  • 博士(心理学) (名古屋大学)
  • 修士(教育学) (大阪教育大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る