研究者
J-GLOBAL ID:202001001684427469   更新日: 2020年11月25日

砂川 晴彦

スナガワ ハルヒコ | Sunagawa Haruhiko
所属機関・部署:
職名: 嘱託補手
研究分野 (1件): 建築史、意匠
研究キーワード (5件): 建築意匠 ,  日本建築史 ,  都市史 ,  伝統構法 ,  文化財保存
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2017 日本統治期の中国東北地方・台湾における都市計画と 都市住宅に関する比較研究
  • 持続的な基層構造からみた日本統治期台湾・韓国の都市計画と市場建設に関する比較史研究
論文 (7件):
  • 砂川晴彦. 植民地期台南の都市祭礼ー媽祖の復興を中心にー. 第3回東アジア都市史学会国際学術会議論文集(プロシーディングス). 2020
  • 砂川晴彦. 20世紀前半期の市場建設にみる台湾と朝鮮の比較都市史研究. 第2回東アジア都市史学会国際学術会議論文集(プロシーディングス). 2019
  • 翁意軒, 伊藤裕久, 栢木まどか, 濱 定史, 砂川晴彦(臨地調査). 台湾霧峰林家の建設プロセスと921地震後の復原および修復手法 -大花廳と宮保第との比較-. 日本建築学会技術報告集. 2018. 24. 56. 431-436
  • 砂川晴彦. 日本統治初期台南における近代市場の政策過程. 2018. 83. 744. 345-352
  • 砂川晴彦. 日本統治期の台湾における近代市場の計画とその展開に関する研究 台湾南部の地方都市における公設市場を対象として. 2018. 83. 746. 805-812
もっと見る
MISC (8件):
  • 砂川晴彦(メインインタビュアー), 種田元晴, 佐藤美弥. 建築と戦後70年 今里隆 (1932-) 吉田五十八に見る戦後の日本建築と今里隆の実践. 建築討論(日本建築学会)建築と戦後70年,No.5. 2020
  • 砂川晴彦. 大遠忌通信第79号紫雲台・虎嘯窟の保存修理工事報告18(開山堂・伝燈院の建築調査及びその解説). 跳龍(宗教法人大本山總持寺). 2019
  • 砂川晴彦, 渡邊保弘. 大遠忌通信第77号紫雲台・虎嘯窟の保存修理工事報告16(修理工事の解説). 2019
  • 砂川晴彦, 渡邊保弘. 大遠忌通信第76号紫雲台・虎嘯窟の保存修理工事報告15(書院形式の解説). 跳龍(宗教法人大本山總持寺). 2019
  • 砂川晴彦, 渡邊保弘. 大遠忌通信第75号紫雲台・虎嘯窟の保存修理工事報告14(修理工事の解説). 跳龍(宗教法人大本山總持寺). 2019
もっと見る
書籍 (3件):
  • 国登録有形文化財(建造物)大本山總持寺虎嘯窟保存修理工事報告書
    大本山總持寺 2020
  • 国登録有形文化財(建造物)大本山總持寺紫雲台保存修理工事報告書
    大本山總持寺 2020
  • 世界建築史15講 = Global history of architecture 15 lectures
    彰国社 2019 ISBN:9784395321285
講演・口頭発表等 (12件):
  • 大本山總持寺の伽藍建設過程と工匠についてー近代寺院造営の基礎的考察ー
    (建築史学会研究発表会 2020)
  • 浅草仲見世通りにおける掛店から煉瓦仲見世の店舗移動と営業人の構成に関する考察 -明治18年(1885)「浅草公園内仮営業場所借地願」一件を中心に-
    (日本建築学会関東支部講演会 2019)
  • 戦前期の那覇における「公設市場」の空間形成に関する考察
    (日本建築学会学術講演(建築歴史・意匠) 2018)
  • 震災復興計画土地区画整理事業における分区界に関する考察
    (日本建築学会関東支部講演会 2018)
  • 日本統治期台湾の近代市場と都市計画-南部台湾の地方都市における公設市場を対象として¬-
    (都市史学会研究発表会 2017)
もっと見る
Works (2件):
  • 国登録有形文化財(建造物)總持寺虎嘯窟保存修理工事
    株式会社文化財工学研究所 2019 -
  • 国登録有形文化財(建造物)總持寺紫雲台保存修理工事
    株式会社文化財工学研究所 2019 -
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 東京理科大学 建築学専攻博士課程
  • 2014 - 2016 東京理科大学 建築学専攻修士課程
  • 2010 - 2014 東京理科大学 建築学科
学位 (3件):
  • 学士(工学) (東京理科大学)
  • 修士(工学) (東京理科大学)
  • 博士(工学) (東京理科大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 青山製図専門学校 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 東京理科大学 工学部建築学科 嘱託補手
  • 2020/04 - 現在 株式会社文化財工学研究所 客員研究員
  • 2019/04 - 2020/03 株式会社文化財工学研究所 専任研究員
委員歴 (2件):
  • 2019 - 現在 日本建築学会 戦後建築史小委員会
  • 2014 - 現在 日本建築学会 都市史小委員会 地域・方法論検討WG
受賞 (3件):
  • 2020 - 日本建築学会 奨励賞 「日本統治初期台南における近代市場の政策過程」
  • 2016 - 日本建築学会 若手優秀発表賞 「日本植民地期の大連における都市計画と社会形成 : 商業空間を中心に」
  • 2014 - 日本建築学会 優秀卒業論文賞 「朝鮮半島における日式住宅(長屋建住宅)と都市形成過程に関する研究 : 木浦市の駅前調査から」
所属学会 (4件):
建築史学会 ,  都市計画学会 ,  都市史学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る