研究者
J-GLOBAL ID:202001001796800863   更新日: 2024年02月21日

田中 正樹

タナカ マサキ | Tanaka Masaki
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2023 - 2028 低閾値発振を目指した電流励起有機半導体レーザーの構築
  • 2022 - 2027 固体高分子電解質/電極界面設計技術を基盤とするフレキシブルLi金属二次電池の創出
  • 2023 - 2026 超高秩序アモルファス形成と機能開拓
  • 2023 - 2025 分子配向を誘起する極性分子デザインの探索と強分極膜形成
  • 2023 - 2025 有機アモルファス薄膜における自発分極の光ス イッチング
全件表示
論文 (20件):
  • Takumi Takahashi, Takahiro Yoshida, Masaki Tanaka, Takahiro Ichikawa, Hiroyuki Ohno, Nobuhumi Nakamura. Control of phase transition temperature of thermoresponsive poly(ionic liquid) gels and application to a water purification system using these gels with polydopamine. Separation and Purification Technology. 2024
  • Yuuhi Ueda, Masaki Tanaka, Hajime Nakanotani, Chihaya Adachi. A polar transition of spontaneous orientation polarization in organic amorphous thin films. Chemical Physics Letters. 2023. 833. 140915-140915
  • Hironobu Iwasawa, Daisuke Uchida, Yoichi Hara, Masaki Tanaka, Nobuhumi Nakamura, Hiroyuki Ohno, Takahiro Ichikawa. Thermally Reversible On-Off Switching of Aggregation-Induced Emission via LCST Phase Transition of Ionic Liquids in Water. Advanced Optical Materials. 2023
  • Yi-Ting Lee, Chin-Yiu Chan, Masaki Tanaka, Masashi Mamada, Kenichi Goushi, Xun Tang, Youichi Tsuchiya, Hajime Nakanotani, Chihaya Adachi. Tailor-Made Multi-Resonance Terminal Emitters toward Narrowband, High-Efficiency, and Stable Hyperfluorescence Organic Light-Emitting Diodes. ADVANCED OPTICAL MATERIALS. 2022. 10. 17
  • Masaki Tanaka, Morgan Auffray, Hajime Nakanotani, Chihaya Adachi. Spontaneous formation of metastable orientation with well-organized permanent dipole moment in organic glassy films. Nature Materials. 2022. 21. 21. 819-825
もっと見る
MISC (1件):
  • 田中 正樹. 有機アモルファス蒸着薄膜の自発分極を自在制御することに成功!. Chem-Station. 2022
講演・口頭発表等 (6件):
  • カタチを活かした自発分極~有機極性分子の真空蒸着による配向分極アモルファス膜~(E3-04)
    (大乱闘!自発分極ブラザーズ~結晶・液晶・液体・アモルファス膜が織り成す巨大自発分極の最前線~(第13回CSJ化学フェスタ2023) 2023)
  • Spontaneous dipole orientation of fluoroalkyl-based molecules in vacuum-deposited films leading to thin film polarization formation (o12-02)
    (ICTF-2023 2023)
  • 屈曲型極性分子における自発配向分極の制御(22p-B205-17)
    (第84回応用物理学会秋季学術講演会 2023)
  • 極性分子設計による蒸着薄膜の自発分極制御(16p-E402-6)
    (極性分子薄膜における分極の自発配向制御とその応用(第70回応用物理学会春季学術講演会) 2023)
  • 自発配向分極を発生する極性分子骨格の探索(20p-C105-2)
    (第83回応用物理学会秋季学術講演会 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 九州大学 大学院工学府 物質創造工学専攻 社会人博士課程
  • 2012 - 2014 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 修士課程
  • 2008 - 2012 法政大学 生命科学部 環境応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 東京農工大学 大学院工学研究院 助教
  • 2017/04 - 2021/03 九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター 学術研究員
  • 2014/04 - 2017/03 株式会社ジャパンディスプレイ
委員歴 (2件):
  • 2023/04 - 現在 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 編集・企画幹事
  • 2021/04 - 2023/03 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 一般幹事
受賞 (1件):
  • 2022/09 - 公益財団法人 マツダ財団 2022年度マツダ研究助成奨励賞
所属学会 (4件):
イオン液体研究会 ,  電気化学会 ,  有機EL討論会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る