研究者
J-GLOBAL ID:202001001936157737   更新日: 2021年06月22日

谷 賢太朗

タニ ケンタロウ | Tani Kentaro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 学習支援システム ,  知覚情報処理
研究キーワード (4件): 視覚障がい ,  心肺蘇生 ,  マルチエージェントシミュレーション ,  避難行動
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2025 六点入力方式を利用したモバイル端末向け新型入力装置の開発
  • 2018 - 2022 視覚障がい者を対象とした心肺蘇生法支援及び教育を行うWebアプリ開発
  • 2016 - 2017 災害時の避難行動を模擬できるシリアスゲーム「マルチプレイ型避難ゲーム」の開発
  • 2015 - 2016 人間の五感のためのセンサーネットワークを用いたサービスの価値計測システムの基礎研究
論文 (10件):
  • Naruki SASAGAWA, Kentaro TANI, Takashi IMAMURA, Yoshinobu MAEDA. Quadruped Locomotion Patterns Generated by Desymmetrization of Symmetric Central Pattern Generator Hardware Network. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2018. E101.A. 10. 1658-1667
  • Kentaro Tani, Masahiko Sato, Tatsuya Murakami, Ryosuke Kawachi, Takuya Niikawa, Yoshinobu Maeda. Construction of Web-Based Speech Game System "kikimimi". JOURNAL OF ADVANCED COMPUTATIONAL INTELLIGENCE AND INTELLIGENT INFORMATICS. 2017. 21. 2. 359-362
  • Akihiro MARUYAMA, Kentaro TANI, Shigehito TANAHASHI, Atsuhiko IIJIMA, Yoshinobu MAEDA. Three Gait Oscillations Switchable by a Single Parameter on Hard-Wired Central Pattern Generator Hardware Network. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2016. E99.A. 8. 1600-1608
  • 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信. 避難時における譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察. 電子情報通信学会論文誌 A. 2015. 98. 3. 274-283
  • 前田 義信, 龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 加藤 浩介. プレイヤの行動記録を用いた人工学級ゲームエージェントの行動設計. 電子情報通信学会論文誌 A. 2014. 97. 8. 565-573
もっと見る
MISC (62件):
  • 呉 威言, 阿部 智也, 松葉 英明, 王 禹萱, 谷 賢太朗, 石井 雅子, 前田 義信. 球転がしゲームを用いた認知地図形成に関する基礎研究 (回路とシステム). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2020. 119. 400. 69-71
  • 呉 威言, 阿部 智也, 松葉 英明, 王 禹萱, 谷 賢太朗, 石井 雅子, 前田 義信. 球転がしゲームを用いた認知地図形成に関する基礎研究 (安全・安心な生活とICT). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2020. 119. 401. 69-71
  • 石井 雅子, 谷 賢太郎, 前田 義信. スマホゲーム中の視線解析 : 画面の大きさによる比較. 新潟医療福祉学会誌. 2019. 19. 1. 65-65
  • 谷 賢太朗, 田村 剛一, 前田 義信. 3Dプリンタを使用した視覚障がい者向けの挟み将棋用の用具の開発. 新潟医療福祉学会誌. 2019. 19. 1. 109-109
  • 田村 剛一, 谷 賢太朗, 前田 義信, 牧野 秀夫. 3Dプリンタを使用した視覚障がい者向けの挟み将棋開発の試み. システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集. 2019. 63. 1180-1183
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Development of Application Software for Visually Impaired Persons to Support Cardiopulmonary Resuscitation
    (40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2018)
  • A study of the evacuation behavior simulation to investigate the effect of concessions and obstacles
    (IEEE 6th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA 2013) 2013)
  • Consideration of a social dilemma solution by multi-agent simulation using reinforcement learning
    (27th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2012) 2012)
学歴 (1件):
  • 2010 - 2015 新潟大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (新潟大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 新潟医療福祉大学 医療経営管理学部 医療情報管理学科 助教
  • 2015/04 - 2017/03 事業創造大学院大学 事業創造研究科 助手
所属学会 (2件):
新潟医療福祉学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る