研究者
J-GLOBAL ID:202001002361594800   更新日: 2024年05月28日

藤原 昌樹

フジワラ マサキ | FUJIWARA masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  芸術実践論 ,  教育学 ,  教育学
研究キーワード (9件): アートマネジメント ,  ワークショップ ,  美術科教育 ,  金属工芸 ,  彫刻 ,  造形遊び ,  造形表現 ,  美術・工芸 ,  図画工作
論文 (9件):
  • 藤原昌樹, 藤井善信. アートから捉えるPBLの実践研究 ー教師を目指す学生と社会との関わりを考察ー. 桃山学院k教育大学 教育実践研究. 2024. 6. 96-110
  • 藤原昌樹. 藤樹の里キッズアートの実践研究 ー桃教キッズアートの実現に向けた活動ー. 桃山学院k教育大学 教育実践研究. 2023. 5. 68-81
  • 塩見知利, 藤原昌樹. 新たなる砂場への提言III -プロジェクションマッピングの可能性-. 人間教育学研究第7号. 2021. 7
  • 藤原 昌樹. 初等図画工作の感受性を育む教材研究 - 授業構成と曖昧の評価について考察 -. 桃山学院教育大学研究紀要第2号. 2020. 2
  • 藤原 昌樹. 表現活動を広げる教材研究 -巨大シャボン玉で消える彫刻を創る-. 大阪成蹊短期大学研究紀要第15号. 2018. 55. 15. 151-159
もっと見る
書籍 (4件):
  • 10th ANNIVERSARY of BIWAKO BIENNALE
    国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ実行委員会 2022 ISBN:9784908474163
  • 桃山学院教育大学 教員養成カリキュラムの持続的構築ーFD活動としての授業研究の試みー
    銀河書籍 2021
  • 地域とアートの物語
    文化経済フォーラム滋賀 2021
  • 図画工作の力 幼児造形・図画工作から派生する表現と解析
    銀河書籍 2020
講演・口頭発表等 (18件):
  • 原点回帰という視点 ー造形遊びから広がる彫刻世界ー
    (第48回京都彫刻家協会展 講演会 2024)
  • 自画像をつくろう
    (令和4年 第1回エルセンター子ども体験教室 2022)
  • 自画像を描こう
    (令和3年 第1回エルセンター子ども体験教室 2021)
  • あそびと学び
    (明石市立明石幼稚園・園内研究会 2021)
  • アートを地域のプラットフォームに ー文化と経済の連携を深める新しい視点の研究ー
    (文化経済フォーラム滋賀 第11回総会 2021)
もっと見る
Works (6件):
  • テツノネ -起源-
    藤原昌樹 2022 - 現在
  • テツノネ -森羅万象-
    藤原昌樹 2020 - 2020
  • テツノネ
    藤原昌樹 2020 -
  • 消える彫刻奉納
    藤原昌樹 2017 - 2017
  • テツノネ -2016-
    藤原昌樹 2017 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2016 滋賀大学大学院 教育学研究科 教科教育専攻美術教育専修
  • 1991 - 1992 大阪芸術大学 芸術学部 専攻科
  • 1987 - 1991 大阪芸術大学 芸術学部 工芸学科金属工芸専攻
経歴 (19件):
  • 2022/04 - 現在 滋賀大学 教育学部 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 桃山学院教育大学 人間教育学部人間教育学科 准教授
  • 2011/04 - 現在 CARRY絵画造形教室 代表者
  • 1996/04 - 現在 CARRY ART STUDIO 鉄工房 代表者
  • 2020/04 - 2021/03 桃山学院教育大学 人間教育学部人間教育学科 特任准教授
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 和文化教育学会 理事
  • 2020/10 - 現在 茨木市美術協会 理事
  • 2020/02 - 現在 国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ ワークショップディレクター
  • 2013/04 - 現在 高島市藤樹の里キッズアート事業実行委員会 実行委員
  • 2011 - 現在 文化経済フォーラム滋賀企画推進委員会 企画推進委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2022/03 - 桃山学院教育大学 教員顕彰
  • 2019/02 - 福岡県 九州芸文館アーティストインレジデンス国内招聘作家 第1回九州芸文館アーティストインレジデンス
  • 2017/03 - 京都市 京展賞 2016京展『市展・京展80年記念展』
  • 2006/05 - TALOインターナショナル コーディネート賞 第1回 TALOセルフビルド・オブ・ザ・イヤー
  • 1997 - 朝日新聞社 招待作家 朝日現代クラフト展1997
全件表示
所属学会 (6件):
和文化教育学会 ,  茨木市美術協会 ,  日本人間教育学会 ,  美術科教育学会 ,  文化・経済フォーラム滋賀 ,  京都彫刻家協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る