研究者
J-GLOBAL ID:202001002364053478   更新日: 2022年04月27日

大越 裕史

Okoshi Hirofumi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://hirofumi-okoshi.net/
研究分野 (1件): 経済政策
研究キーワード (3件): 移転価格 ,  貿易政策 ,  国際課税
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2022 - 2026 多様化する経済統合と租税競争に関する理論的分析:複数の経済統合の融合
  • 2020 - 2022 多国籍企業の租税回避戦略と独立企業間価格原則に関する分析:製品差別化の観点から
論文 (7件):
  • 加藤隼人, 大越裕史. Economic integration and agglomeration of multinational production with transfer pricing. International Economic Review. 2022
  • 椋寛, 大越裕史. Tariff elimination versus tax avoidance: Free trade agreements and transfer pricing. International Tax and Public Finance. 2021. 28. 5. 1188-1210
  • 椋寛, 大越裕史. Rules of origin and consumer-hurting free trade agreement. The World Economy. 2021. 44. 8. 2303-2328
  • 大越裕史. Innovation for tax avoidance: Product differentiation and the arm's length principle. RIETIディスカッション・ペーパー. 2021. E-21-038
  • 椋寛, 大越裕史. Wake not a sleeping lion: Free trade agreements and decision rights in multinationals. 2021. 21-E-036
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • Quality upgrading for tax avoidance
    (日本国際経済学会第80回全国大会 2021)
  • Quality upgrading for tax avoidance
    (ETSG 22nd Annual Conference 2021)
  • Innovation for tax avoidance: Product differentiation and the arm's length principle
    (EARIE 48th Annual Conference 2021)
  • Quality upgrading for tax avoidance
    (IIPF 77th Annual Congress 2021)
  • Wake not a sleeping lion: Free trade agreements and decision rights in multinationals
    (日本国際経済学会 中部関西合同部会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 ミュンヘン大学
  • 2013 - 2015 一橋大学 応用経済
  • 2010 - 2013 学習院大学 経済学科
学位 (3件):
  • Ph.D. in Economics (University of Munich)
  • 修士(経済学) (一橋大学大学院)
  • 学士(経済学) (学習院大学)
経歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 岡山大学 大学院社会文化科学研究科 専任講師
所属学会 (2件):
International Institute of Public Finance ,  日本国際経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る