研究者
J-GLOBAL ID:202001002500252145   更新日: 2021年05月27日

福本 敦

フクモト アツシ | Atsushi Fukumoto
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 環境、天然医薬資源学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  応用微生物学
研究キーワード (2件): microbiology ,  微生物学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2019 抗菌作用に依存しない感染症治療薬の開発
  • 2016 - 2017 モンゴル及び日本の天然由来サンプルからのクオーラムセンシング阻害薬の探索
  • 2013 - 2014 Quorum Sensing阻害活性を示す新規薬剤の探索
  • 2011 - 2013 スルフォラファンによるスギ花粉症の制御に関するトランスレーショナルリサーチ
論文 (14件):
  • Iizaka Y, Kanai H, Suzuki T, Maruyama Y, Kurita M, Sano M, Watanabe A, Fukumoto A†, Saito R†, Anzai Y†. Artificial control of the multistep oxidation reactions catalyzed by the cytochrome P450 enzyme RosC. Applied microbiology and biotechnology. 2020. 104. 8. 3403-3415
  • Ohta T, Fukumoto A†, Iizaka Y†, Kato K†, Koyama Y†, Anzai Y. Quorum sensing inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026 derived from an actinomycete metabolite library. Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2020. 43. 1. 179-183
  • Iizaka Y, Takeda R, Senzaki Y, Fukumoto A†, Anzai Y†. Cytochrome P450 enzyme RosC catalyzes a multistep oxidation reaction to form the non-active compound 20-carboxyrosamicin. FEMS microbiology letters. 2017. 364. 12. fnx110
  • Fukumoto A†, Kim YP, Matsumoto A, Takahashi Y, Suzuki M, Onodera H, Tomoda H, Matsui H, Hanaki H, Iwatsuki M, et al. Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. I. The taxonomy of the producing strain, and the fermentation, isolation and antibacterial activities. The Journal of Antibiotics. 2017. 70. 5. 562-567
  • Fukumoto A†, Kim YP, Iwatsuki M, Hirose T, Sunazuka T, Hanaki H, Ōmura S, Shiomi K. Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. II. Structure elucidation. The Journal of Antibiotics. 2017. 70. 5. 568-573
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • <I>Chromobacterium violaceum</I> CV026のクオラムセンシングを阻害する放線菌代謝産物ライブラリー由来化合物
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • Endophytic actinobacteria isolated from desert plants of Mongolia and their anitmicrobial activity
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • 多機能型シトクロムP450酵素MycGの酸化反応制御に関する研究
    (日本薬学会 第140年会 2020)
  • <I>Streptomyces</I> sp. TOHO-I44株及びTOHO-I53株の産生するquorum sensing阻害物質
    (2019 年度 日本放線菌学会大会 2019)
  • シトクロムP450 酵素RosC の多段階酸化反応の制御に関する研究
    (2018 年度 日本放線菌学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2005 - 2008 北里大学 感染制御科学専攻
  • 2005 - 2008 北里大学 感染制御科学専攻
  • 2002 - 2004 東邦大学
  • 2002 - 2004 東邦大学
  • 1998 - 2002 東邦大学
学位 (3件):
  • 学士(薬学) (東邦大学)
  • 修士(薬学) (東邦大学)
  • 博士(生命科学) (北里大学)
経歴 (8件):
  • 2017/04 - 現在 東邦大学 健康科学部 兼担講師
  • 2016/04/01 - 現在 東邦大学 薬学部 薬学科 講師
  • 2016/04 - 現在 東邦大学 理学部 兼担講師
  • 2019/04 - 2020/03 北里研究所 感染制御科学府 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 北里研究所 感染制御科学府 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2018/09 - 日本放線菌学会 浜田賞(研究奨励賞) 放線菌により産生される細菌感染を制御するための化合物の探索
所属学会 (2件):
日本放線菌学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る