研究者
J-GLOBAL ID:202001002654829054   更新日: 2024年04月08日

杉山 夏緒里

スギヤマ カオリ | SUGIYAMA KAORI
所属機関・部署:
職名: 次席研究員(研究院講師)
研究分野 (4件): 医化学 ,  応用生物化学 ,  生体医工学 ,  病態医化学
研究キーワード (8件): 光化学 ,  血管生物学 ,  心血管疾患 ,  多変量解析 ,  ラベルフリーイメージング ,  ラマン分光法 ,  細胞外マトリクス ,  胸部大動脈瘤
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2024 - 2026 軟骨変性における微小環境に着目したラベルフリーバイオマーカーの探索
  • 2023 - 2026 内在性間葉系幹細胞を用いた変形性関節症治療のための再生医療基盤の開発
  • 2024 - 2025 マイクロデバイスを用いた老化血管モデルの構築とラマン分光法による評価技術の確立
  • 2021 - 2025 ミクロフィブリル変異による大動脈解離の病態解明
  • 2021 - 2025 マルチオミックス解析による大動脈瘤破裂の血管リモデリング機構解明
全件表示
論文 (9件):
  • Masahiro Ando, Kaori Sugiyama, Koya Kubo, Shumpei Horii, Takeshi Hano, Yuji Tomaru, Haruko Takeyama. Single-Cell Level Raman Molecular Profiling Reveals the Classification of Growth Phases of Chaetoceros tenuissimus. The Journal of Physical Chemistry B. 2023. 127. 22. 5027-5033
  • Tram Anh Vu Nguyen, Caroline Antunes Lino, Huynh Thuy Hang, Juliano Vilela Alves, Bui Quoc Thang, Seung Jae Shin, Kaori Sugiyama, Hiroko Matsunaga, Haruko Takeyama, Yoshito Yamashiro, et al. Protective Role of Endothelial Fibulin-4 in Valvulo-Arterial Integrity. Journal of the American Heart Association. 2023. 12. 1
  • Ashok Zachariah Samuel, Kaori Sugiyama, Haruko Takeyama. Direct intracellular detection of biomolecule specific bound-water with Raman spectroscopy. Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy. 2023. 121870-121870
  • Ashok Zachariah Samuel, Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Haruko Takeyama. Direct imaging of intracellular RNA, DNA, and liquid-liquid phase separated membraneless organelles with Raman microspectroscopy. Communications Biology. 2022. 5. 1
  • Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Julia Alber, Eva M. Brauchle, Masahiro Ando, Yoshito Yamashiro, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa. Raman microspectroscopy and Raman imaging reveal biomarkers specific for thoracic aortic aneurysms. Cell Reports Medicine. 2021. 100261-100261
もっと見る
MISC (2件):
  • 杉山夏緒里. ラマンイメージングと多変量解析による胸部大動脈瘤に特異的な分子指紋の同定. 分光研究. 2023. 72. 1. 40-55
  • 杉山 夏緒里, 堀米 仁志, 村上 卓, 林 立申, 野崎 良寛, 塩野 淳子, 松裏 裕行, 緒方 公平, 柳沢 裕美. 杉山 夏緒里;堀米 仁志;村上 卓;林 立申;野崎 良寛;塩野 淳子;松裏 裕行;緒方 公平;柳沢 裕美. 日本小児科学会雑誌. 2019. 123. 2. 346-346
書籍 (1件):
  • 月刊化学
    化学同人 2023
講演・口頭発表等 (49件):
  • ラマンイメージングによる胸部大動脈瘤新規バイオマーカーの同定
    (レーザー学会学術講演会第44回年次大会 2024)
  • マルファン症候群モデルマウスにおける急性大動脈解離因子の探索
    (第31回日本血管生物医学会学術集会 2023)
  • ラマンイメージングによるヒト表皮幹細胞マーカーの探索
    (第46回日本分子生物学会年会 2023)
  • ヒト皮膚を用いたラマンイメージングによる表皮幹細胞シート評価を目指す新規バイオマーカーの探索
    (第3回細胞シート工学イノベーションフォーラム 2023)
  • ラマンイメージングを用いたヒト表皮幹細胞新規バイオマーカーの探索
    (第7回エラスチン・関連分子研究会学術集会 2023)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2015 - 2020 筑波大学 グローバル教育院 ヒューマンバイオロジー学位プログラム
学位 (1件):
  • 博士(人間生物学) (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2024/04 - 現在 早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 次席研究員・研究院講師
  • 2020/09 - 2024/03 早稲田大学 理工学術院 次席研究員・研究院講師
  • 2020/06 - 2020/08 筑波大学 生存ダイナミクス研究センターTARA 博士研究員
  • 2017/02 - 2018/03 Fraunhofer IGB / University of Tübingen 客員研究員
委員歴 (1件):
  • 2023/12 - 日本結合組織学会 若手の会 世話人
受賞 (12件):
  • 2024/03 - 第23回日本再生医療学会総会 優秀演題賞
  • 2023/12 - 日本血管生物医学会 若手優秀賞YIA
  • 2023/06 - 日本結合組織学会 大高賞
  • 2023/03 - コニカミノルタ科学技術振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞
  • 2023/02 - 井上科学振興財団 井上研究奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本分光学会 ,  AHA ,  日本血管生物医学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本化学会 ,  日本結合組織学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る