研究者
J-GLOBAL ID:202001002901416841   更新日: 2021年10月11日

石須 慶一

イシズ ケイイチ | Ishizu Keiichi
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/keiichi-ishizu/profile
研究分野 (1件): 地球資源工学、エネルギー学
研究キーワード (3件): 逆解析 ,  比抵抗 ,  電磁探査
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2022 電磁探査法による地下流体の4Dイメージング技術の開発
  • 2017 - 2020 海底資源を対象とした包括的な物理探査技術の開発と解析
  • 2017 - 2018 平成 29 年度・在外研究助成
論文 (7件):
  • Keiichi Ishizu, Yasuo Ogawa. Offshore-onshore resistivity imaging of freshwater using a controlled-source electromagnetic method: A feasibility study. 2021. 86. 6. E391-E405
  • Keiichi Ishizu, Yasuo Ogawa, Toru Mogi, Yusuke Yamaya, Toshihiro Uchida. Ability of the magnetotelluric method to image a deep conductor: Exploration of a supercritical geothermal system. Geothermics. 2021. 96. 102205-102205
  • Estimation of spatial distribution and fluid fraction of a potential supercritical geothermal reservoir by magnetotelluric data: a case study from Yuzawa geothermal field, NE Japan. 2021
  • 岡本拓, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 寺西陽祐, 石須慶一, 稲盛隆穂, 阿部進, 高井克己,. 三次元海洋電磁探査の高度化に向けた技術開発と課題,. 石油技術協会誌. 2020
  • K. Ishizu, T. Goto, Y. Ohta, T. Kasaya, H. Iwamoto, C. Vachiratienchai, W. Siripunvaraporn, T. Tsuji, H. Kumagai, K. Koike. Internal Structure of a Seafloor Massive Sulfide Deposit by Electrical Resistivity Tomography, Okinawa Trough. Geophysical Research Letters. 2019. 46. 20. 11025-11034
もっと見る
MISC (2件):
  • 石須慶一, VACHIRATIENCHAI Chatchai, SIRIPUNVARAPORN Weerachai, 後藤忠徳. 海底電気探査を用いた海底熱水鉱床探査の試み. 情報地質. 2016. 27. 2. 76-79
  • 石須慶一, 後藤忠徳. MT法における粒子法の計算精度評価の研究. 物理探査学会学術講演会講演論文集. 2015. 132nd. 225-228
講演・口頭発表等 (25件):
  • A feasibility study of offshore-onshore resistivity imaging of freshwater using a controlled source electromagnetic method
    (AGU Fall Meeting 2021 2021)
  • Estimation of spatial distribution and fluid fraction of a potential supercritical geothermal reservoir by magnetotelluric data: a case study from Yuzawa geothermal field, NE Japan
    (AGU Fall Meeting 2021 2021)
  • MTデータを用いた超臨界地熱貯留層の空間分布と流体割合の推定: 湯沢地熱域における ケーススタディ
    (日本地熱学会令和3年学術講演会 2021)
  • Coastal resistivity imaging of freshwater using a controlled source electromagnetic method
    (The 14th SEGJ International Symposium 2021)
  • 費用対効果の高い3次元海洋電磁探査法
    (資源素材学会2021年度秋季大会(オンライン開催) 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2017 - 2020 京都大学 都市社会工学専攻
  • 2015 - 2017 京都大学 都市社会工学専攻
  • 2011 - 2015 京都大学 地球工学科
  • 2008 - 2011 富山県立富山高等学校
経歴 (3件):
  • 2021/10 - 現在 国立研究開発法人海洋研究開発機構 海洋機能利用部門 臨時研究補助員
  • 2020/04 - 現在 東京工業大学 理学院 研究員
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
受賞 (5件):
  • 2019/11 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 第146回 地球電磁気・地球惑星圏学会 優秀発表
  • 2019/09 - 資源素材学会 若手ポスター賞受賞
  • 2017/07 - 物理探査学会 第136回優秀発表賞(口頭)
  • 2016/12 - International Symposium on Earth Science and Technology 2016 Mitsui Matsushima Award for Best Paper
  • 2015/08 - 文部科学省 官民協働海外留学支援制度トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム第3期
所属学会 (4件):
資源素材学会 ,  米国地球物理学会 ,  米国物理探査学会 ,  日本物理探査学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る