研究者
J-GLOBAL ID:202001003208362033   更新日: 2021年04月15日

關場 一磨

セキバ カズマ | SEKIBA KAZUMA
所属機関・部署:
職名: 特任臨床医
研究分野 (2件): ウイルス学 ,  消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 遺伝子編集技術を駆使したHBV感染維持機構に関わる因子の網羅的同定と介入法の開発
論文 (21件):
  • Tatsunori Suzuki, Takahiro Kishikawa, Tatsuyuki Sato, Norihiko Takeda, Yuki Sugiura, Takahiro Seimiya, Kazuma Sekiba, Motoko Ohno, Takuma Iwata, Rei Ishibashi, et al. Mutant KRAS drives metabolic reprogramming and autophagic flux in premalignant pancreatic cells. Cancer gene therapy. 2021
  • Takahiro Seimiya, Motoyuki Otsuka, Takuma Iwata, Eri Tanaka, Kazuma Sekiba, Chikako Shibata, Masaru Moriyama, Ryo Nakagawa, Reo Maruyama, Kazuhiko Koike. Aberrant expression of a novel circular RNA in pancreatic cancer. Journal of human genetics. 2021. 66. 2. 181-191
  • Osamu Toyoshima, Toshihiro Nishizawa, Kazuma Sekiba, Tatsuya Matsuno, Ryo Kondo, Hidenobu Watanabe, Hidekazu Suzuki, Chizu Tanikawa, Kazuhiko Koike, Koichi Matsuda. A single nucleotide polymorphism in Prostate Stem Cell Antigen is associated with endoscopic grading in Kyoto classification of gastritis. Journal of clinical biochemistry and nutrition. 2021. 68. 1. 73-77
  • Toshihiro Nishizawa, Osamu Toyoshima, Ryo Kondo, Kazuma Sekiba, Yosuke Tsuji, Hirotoshi Ebinuma, Hidekazu Suzuki, Chizu Tanikawa, Koichi Matsuda, Kazuhiko Koike. The simplified Kyoto classification score is consistent with the ABC method of classification as a grading system for endoscopic gastritis. Journal of clinical biochemistry and nutrition. 2021. 68. 1. 101-104
  • Kazuma Sekiba, Motoyuki Otsuka, Takahiro Seimiya, Eri Tanaka, Kazuyoshi Funato, Yu Miyakawa, Kazuhiko Koike. The fatty-acid amide hydrolase inhibitor URB597 inhibits MICA/B shedding. Scientific reports. 2020. 10. 1. 15556-15556
もっと見る
MISC (40件):
  • 豊島 治, 西澤 俊宏, 小池 和彦, 崎谷 康佑, 吉田 俊太郎, 高橋 由至, 金沢 孝満, 新野 徹, 片岡 陽佑, 深川 一史, et al. 高リスク腺腫の検出と結腸内視鏡サーベイランスの施行間隔 傾向スコアマッチング研究(Detection of high-risk adenomas and the colonoscopy surveillance interval: a propensity score-matching study). Gastroenterological Endoscopy. 2020. 62. Suppl.1. 1263-1263
  • 關場 一磨, 大塚 基之, 小池 和彦. B型肝炎根治を目指した創薬研究 宿主蛋白Smc5/6の発現回復によるHBV関連肝発癌制御の可能性. 日本消化器病学会雑誌. 2020. 117. 臨増総会. A93-A93
  • 大塚 基之, 關場 一磨, 船戸 和義, 小池 和彦. 【B型肝炎Trends & Topics】新規抗B型肝炎ウイルス薬の開発の現状と展望. 臨床消化器内科. 2020. 35. 2. 205-210
  • 大塚 基之, 關場 一磨, 船戸 和義, 小池 和彦. 【B型肝炎の新たな展開-進化を続ける基礎と臨床-】B型肝炎に対する新たな創薬研究 HBV RNAの転写を抑制する新規化合物ニタゾキサニドとペボネディスタットの同定. 肝・胆・膵. 2019. 78. 6. 993-997
  • 關場 一磨, 大塚 基之, 小池 和彦. B型肝炎の根治を目指した臨床及び創薬研究最前線 NEDD8活性化酵素阻害剤Pevonedistatは強力な新規B型肝炎治療薬候補である. 日本消化器病学会雑誌. 2019. 116. 臨増総会. A200-A200
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 東京大学医学部附属病院 消化器内科
  • 2020/04 - 2021/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2019/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2019/09 - 2019/10 フランス国立保健医学研究所(INSERM) ウイルス学教室 客員研究員
  • 2013/04 - 2016/03 JR東京総合病院 消化器内科 専修医
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/11 - 日本肝臓学会 冠Award(第4回 Gilead Sciences Award)
  • 2019/11 - 米国肝臓学会 Early Career Investigator Award in Basic Science
  • 2019/05 - 米国消化器病週間 Basic Science Travel Award
  • 2018/11 - 米国肝臓学会 Early Career Investigator Award in Basic Science
所属学会 (6件):
日本がん治療認定医機構 ,  日本生化学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る