研究者
J-GLOBAL ID:202001003286744600   更新日: 2020年10月08日

熊谷 仁

クマガイ ヒロシ | Kumagai Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (5件): mtDNA由来ペプチド ,  遺伝子多型 ,  スポーツ傷害 ,  性ステロイドホルモン ,  生活習慣病
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 筋線維組成を規定する遺伝子多型は生活習慣病発症を予測するバイオマーカーとなるか
  • 2018 - 2021 スポーツ傷害における遺伝的背景の解明ー性ホルモン関連遺伝子群に着目した検討ー
  • 2017 - 2020 アスリートの競技力を規定する遺伝子多型の解明-性ホルモン関連遺伝子群に着目して-
  • 2017 - 2018 運動器障害における遺伝的リスクの解明-エストロゲン受容体遺伝子多型に着目して-
  • 2016 - 2018 ミトコンドリア由来新規ペプチドの日本人特異的な配列がインスリン作用に及ぼす影響
全件表示
論文 (47件):
  • Su-Jeong Kim, Brendan Miller, Hiroshi Kumagai, Ana R. Silverstein, Melanie Flores, Kelvin Yen. Mitochondrial-derived peptides in aging and age-related diseases. GeroScience. 2020
  • Troy L. Merry, Alex Chan, Jonathan S. T. Woodhead, Joesph C Reynolds, Hiroshi Kumaga, Su-Jeong Kim, Changhan Lee. Mitochondrial-derived peptides in energy metabolism. American Journal of Physiology-Endocrinology and Metabolism. 2020
  • Nobuhiko Akazawa, Koichiro Tanahashi, Keisei Kosaki, Hiroshi Kumagai, Satoshi Oikawa, Ai Hamasaki, Seiji Maeda. The impact of aerobic fitness on arterial stiffness and adrenal cortex hormones in middle-aged and older adults. Endocrine journal. 2020
  • Brendan Miller, Su-Jeong Kim, Hiroshi Kumagai, Hemal H. Mehta, Wang Xiang, Jiali Liu, Kelvin Yen, Pinchas Cohen. Peptides derived from small mitochondrial open reading frames: Genomic, biological, and therapeutic implications. Experimental Cell Research. 2020. 393. 2. 112056-112056
  • Myosotis Massidda, Eri Myamoto-Mikami, Hiroshi Kumagai, Hayato Ikeda, Yu Shimasaki, Masafumi Yoshimura, Paolo Cugia, Francesco Piras, Marco Scorcu, Naoki Kikuchi, et al. Association between the ACE I/D polymorphism and muscle injuries in Italian and Japanese elite football players. Journal of sports sciences. 2020. 1-7
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2016 筑波大学 スポーツ医学専攻
  • 2012 - 2014 筑波大学 体育学専攻
  • 2008 - 2012 千葉大学 スポーツ科学課程
学位 (1件):
  • 博士(スポーツ医学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 順天堂大学 健康総合科学先端研究機構(併任所属:スポーツ健康医科学研究所) 特任助教
  • 2019/01 - 現在 The University of Southern California, Leonard Davis School of Gerontology Postdoctoral research associate
  • 2017/04 - 2018/12 日本学術振興会特別研究員PD(受入研究機関:順天堂大学スポーツ健康医科学研究所)
  • 2016/04 - 2017/03 日本学術振興会特別研究員PD(受入研究機関:筑波大学体育系)
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員DC1(受入研究期間:筑波大学人間総合科学研究科)
受賞 (7件):
  • 2019/09 - 日本体力医学会 国際学術交流奨励賞 Mitochondrial-DNA-m.1382-A>C polymorphism in the MOTS-c is associated with visceral fat area and blood pressure in Japanese men.
  • 2018/09 - 日本体力医学会 国際学術交流奨励賞 ESR1 rs2234693 polymorphism and sports-related muscle injuries: a case-control association and physiologically functional studies in Japanese population
  • 2017/09 - 日本体力医学会 大塚スポーツ医・科学賞 奨励賞 エストロゲン受容体遺伝子多型は筋スティフネスおよび肉離れ受傷リスク に関連する
  • 2017/07 - 日本運動生理学会 若手研究賞 持久力および筋力は成人男性における男性機能に関連する
  • 2014/09 - 日本体力医学会 第28回日本体力医学会奨励賞 肥満男性における食事改善, 有酸素性運動, 食事改善と有酸素性運動の併用が中心および末梢動脈スティフネスに与える影響
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る