研究者
J-GLOBAL ID:202001003387626684   更新日: 2021年09月25日

小長谷 圭志

コナガヤ ケイジ | Konagaya Keiji
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://ec.cri.ehime-u.ac.jp/https://orcid.org/0000-0002-9139-0045
研究分野 (2件): 計測工学 ,  農業環境工学、農業情報工学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 光による酵素活性抑制手法の開発
  • 2018 - 2019 蛍光画像を用いたトマトの熟度、鮮度評価システムの開発
論文 (12件):
  • 斎藤嘉人, 美和佑香, 倉本誠, 小長谷圭志, 山本敦洋, 橋口慎太郎, 鈴木哲仁, 近藤直. 励起蛍光マトリクスを用いたアボカド(Persea americana)の脂質量予測. 農業食料工学会誌. 2021. 83. 4. 300-302
  • 小長谷圭志, Dimas Firmanda Al Riza, Ken Abamba Omwange, 高橋憲子, 倉本誠, 小川雄一, 鈴木哲仁, 近藤直. 過熟の指標となるトマトの蛍光強度比 -収穫熟度に依らない指標の一検討-. 愛媛大学社会共創学部紀要. 2021. 5. 1. 25-28
  • Keiji Konagaya, Ken Abamba Omwange, Dimas Firmanda Al Riza, Alin Khaliduzzaman, Andrea Martínez Oliver, Francisco Rovira-Más, Hiroki Nagasato, Kazunori Ninomiya, Naoshi Kondo. Association of fruit, pericarp, and epidermis traits with surface autofluorescence in green peppers. Photochemical & Photobiological Sciences. 2020. 12. 19. 1630-1635
  • 小長谷 圭志, 近藤 直, 高橋 憲子, 倉本 誠, 鈴木 哲仁. トマトの蛍光と貯蔵温度との関係. 農業食料工学会誌. 2020. 82. 5. 505-507
  • Keiji Konagaya, Dimas Firmanda Al Riza, Yuichi Ogawa, Yasushi Kohno, Makoto Kuramoto, Noriko Takahashi, Tetsuhito Suzuki, Naoshi Kondo. Autofluorescence changes of tomato surface tissues during overripening. Photochemical & Photobiological Sciences. 2020. 7. 19. 879-884
もっと見る
MISC (18件):
  • 森松 和也, 高橋 憲子, 小長谷 圭志. 種々の品種のカンキツ果実におけるガス移動抵抗と果実内部ガス組成の比較. 第79回農業食料工学会年次大会講演要旨集. 2021. 131
  • Alin Khaliduzzaman, Ken Abamba Omeange, Dimas Firmanda Al Riza, Keiji Konagaya, Tianqi Gao, Yoshito Saito, Naoshi Kondo. Potentiality of Fluorescence Techniques in Estimation of Food Antioxidants. 第79回農業食料工学会年次大会講演要旨集. 2021. 117
  • 小長谷 圭志, 西井 野々香, 倉本 誠, 福垣内 暁, 永江 隆宏, 森松 和也, 高橋 憲子. カンキツ「紅まどんな」の個包装による長期貯蔵とその蛍光特性. 第79回農業食料工学会年次大会講演要旨集. 2021
  • Tetsuyuki Takemoto, Zichen Huang, Ken Abamba Omwange, Keiji Konagaya, Tianqi Gao, Yuichi Ogawa, Naoshi Kondo. Analysis of Sweet Pepper Images with Autofluorescence for New Biometric Recognition. 第79回農業食料工学会年次大会講演要旨集. 2021. 111
  • Keiji Konagaya, Noriko Takahashi, Satoru Fukugaichi, Kazuya Morimatsu, Makoto Kuramoto. Tomato qualities during over-ripening at different temperatures and its fluorescence characteristics. BOOK OF ABSTRACT, ICGAB 2021. 2021. 68
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • Relation Between Surface Gloss and Oil Contents in Avocado (Persia americana) Using UV Reflection
    (関西農業食料工学会 第145回例会 2021)
  • Characterization of tomato autofluorescence observed from surface
    (Kyoto University International Symposium on Education and Research in Global Environmental Studies in Asia 2019)
  • Assessment of red tomato freshness using ultraviolet-induced fluorescence image
    (2019 International Joint Conference on JSAM, SASJ and 13th CIGR VI 2019)
  • テラヘルツ光による生体高分子操作の可能性探索
    (日本生化学会東北支部第84回例会・シンポジウム 2018)
  • 生体高分子反応系への高強度テラヘルツ光照射の作用機序解明
    (大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設 平成29年度成果報告会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 2020 京都大学
  • 2011 - 2015 名古屋大学
学位 (1件):
  • 博士(農学)
経歴 (1件):
  • 2020/04 - 愛媛大学 社会共創学部産業イノベーション学科ものづくりコース 助教
受賞 (1件):
  • 2015 - テラヘルツ科学の最先端II 最優秀学生ポスター賞 酸素活性に対するテラヘルツ照射影響の検証
所属学会 (3件):
日本福祉工学会 ,  計測自動制御学会 ,  農業食料工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る