研究者
J-GLOBAL ID:202001003588648805   更新日: 2021年07月30日

木下 義晃

Kinoshita Yoshiaki
所属機関・部署:
職名: 講師
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2025 上葉優位型肺線維症の新規バイオマーカーとしての血清LTBP-4の意義
論文 (71件):
  • Hisako Kushima, Yoshiaki Kinoshita, Masaki Fujita, Hiroshi Ishii. A retrospective study on the efficacy of Ninjin'yoeito on fatigue in patients with interstitial pneumonia. Neuropeptides. 2021. 89. 102178-102178
  • Yoshiaki Kinoshita, Makoto Hamasaki, Shinji Matsumoto, Masayo Yoshimura, Ayuko Sato, Tohru Tsujimura, Toshiaki Kamei, Kunimitsu Kawahara, Akinori Iwasaki, Kazuki Nabeshima. Fluorescence in situ hybridization detection of chromosome 22 monosomy in pleural effusion cytology for the diagnosis of mesothelioma. Cancer cytopathology. 2021. 129. 7. 526-536
  • Yoshiaki Kinoshita, Takato Ikeda, Yusuke Ueda, Tomoya Sasaki, Hisako Kushima, Hiroshi Ishii. A 63-Year-Old Woman With an Acute Exacerbation of Interstitial Pneumonia. Chest. 2021. 159. 6. e389-e394
  • Yoshiaki Zaizen, Yuri Tachibana, Yukio Kashima, Andrey Bychkov, Kazuhiro Tabata, Kyoko Otani, Yoshiaki Kinoshita, Yasuhiko Yamano, Kensuke Kataoka, Kazuya Ichikado, et al. Alveolar Epithelial Denudation Is a Major Factor in the Pathogenesis of Pleuroparenchymal Fibroelastosis. JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2021. 10. 5
  • Yoshiaki Kinoshita, Hiroshi Ishii, Kazuki Nabeshima, Kentato Watanabe. The pathogenesis and pathology of idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis. Histology and histopathology. 2021. 36. 3. 291-303
もっと見る
MISC (47件):
  • 石井 寛, 池田 貴登, 上田 裕介, 高松 泰, 藤田 昌樹, 木下 義晃, 串間 尚子. 免疫性血小板減少症と間質性肺炎の関連に関する検討. 日本内科学会雑誌. 2021. 110. Suppl. 162-162
  • 濱崎 慎, 木下 義晃, 松本 慎二, 佐藤 鮎子, 辻村 亨, 亀井 敏昭, 河原 邦光, 鍋島 一樹. 中皮腫診断におけるBAP1・MTAP等を用いた良悪判定の実際と問題点 悪性胸膜中皮腫における遺伝子異常に基づく診断とその問題点. 日本臨床細胞学会雑誌. 2020. 59. Suppl.2. 453-453
  • 濱崎 慎, 木下 義晃, 松本 慎二, 佐藤 鮎子, 辻村 亨, 岩崎 昭憲, 鍋島 一樹. 中皮腫と反応性中皮増殖の鑑別おけるNF2 FISHの有用性. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. PJ15-5
  • 池田 貴登, 中尾 明, 井形 文保, 串間 尚子, 松本 武格, 藤田 昌樹, 石井 寛, 木下 義晃. 当科における気管支鏡下クライオバイオプシーの経験. 肺癌. 2020. 60. 3. 221-221
  • 池田 貴登, 中尾 明, 木下 義晃, 井形 文保, 串間 尚子, 松本 武格, 石井 寛, 藤田 昌樹. 当科における気管支鏡下クライオバイオプシーの経験. 気管支学. 2020. 42. 3. 285-285
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (福岡大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る