研究者
J-GLOBAL ID:202001003609178723   更新日: 2022年01月21日

工藤 孔梨子

クドウ クリコ | Kudo Kuriko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生命、健康、医療情報学 ,  医療管理学、医療系社会学
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2021 - 2023 持続可能な医療体制にむけた医療職の多様な働き方に関する国際的調査研究への展開
  • 2020 - 2022 アジアにおける大腸癌死亡率低下を目指した持続可能な国際遠隔医療教育
  • 2020 - 2022 アジア遠隔医療教育の技術担当者研修プログラム評価のためのルーブリック開発と検証
  • 2018 - 2022 アジアにおける膵癌早期発見率の向上を目指した国際間遠隔教育プログラムの実現
  • 2020 - 2021 医療とデザインを融合した未来社会のための教育プログラムの開発
全件表示
論文 (41件):
  • Shintaro Ueda, Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu, Shuji Shimizu, Tomohiko Moriyama. Lecturers’ and students’ perspectives toward the shift to online teaching owing to COVID 19: a case at Kyushu University School of Medicine. 日本遠隔医療学会雑誌. 2021. 17. 2. 108-111
  • 富松 俊太, 吉田 直久, 木村 哲也, 工藤 孔梨子, 上田 真太郎, 清水 周次, 森山 智彦. 遠隔会議ソフトウェアを用いたHD画質での内視鏡ライブ配信の評価. 日本遠隔医療学会雑誌. 2021. 17. 2. 120-123
  • 工藤孔梨子, 上田真太郎, 富松俊太, 早田 美帆, 清水周次, 森山智彦. オンラインでの国際間遠隔医療教育技術研修の実施と評価. 日本遠隔医療学会雑誌. 2021. 17. 2. 104-107
  • Kuriko Kudo, Noriko Isobe, Shintaro Ueda, Shunta Tomimatsu, Tomohiko Moriyama, Shuji Shimizu. Barriers to International Telemedicine Conferencing: A Survey of the National University Hospital Council of Japan. Telemedicine journal and e-health : the official journal of the American Telemedicine Association. 2021
  • Shunta Tomimatsu, Kuriko Kudo, Shuji Shimizu, Shintaro Ueda, Tomohiko Moriyama, Yasuyuki Hirai. Development and Evaluation of a Technical Information Sharing System for International Remote Medical Education. Lecture Notes in Networks and Systems. 2021. 1090-1098
もっと見る
MISC (10件):
  • 工藤孔梨子, 磯部紀子, 森山智彦, 上田真太郎, 富松俊太, 波々伯部佳子, 中島直樹, 清水周次. 日本の国立大学病院における国際化対応の現状と課題:ICTを用いた遠隔教育の視点から. 日本熱帯医学会大会プログラム抄録集. 2020. 61st
  • Kudo Kuriko. A new era in telemedicine. 2018
  • 清水周次, 工藤孔梨子, 森山大樹, 森山智彦, 下野信行, 中島直樹. 九州大学における国際化への取組み. 2018
  • 森山智彦, 工藤孔梨子, 上田真太郎, 富松俊太, 中島直樹, 清水周次. 遠隔医療の歩みとこれから. 2018
  • 森山智彦, 工藤孔梨子, 上田真太郎, 富松駿太, 中島直樹, 清水周次. 遠隔医療が目指すもの 14.遠隔医療教育の歩みとこれから. Progress in Medicine. 2018. 38. 11
もっと見る
書籍 (11件):
  • Development and Evaluation of a Technical Information Sharing System for International Remote Medical Education
    2021
  • Telemedical Education in Asia
    2020
  • An Exploratory Analysis of Technical Issues in Remote Education Between International Medical Institutions.
    In: Ahram T., Falcão C. (eds) Advances in Usability, User Experience, Wearable and Assistive Technology. AHFE 2020. Advances in Intelligent Systems and Computing 2020
  • 遠隔医療教育の国際展開
    日本医師会雑誌 2018
  • Chapter 3 Teleconferencing System
    2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (75件):
  • Developing Evaluation Criteria for Engineering Training Programs in Remote Medical Education in Asia
    (IEEE TALE 2021 2021)
  • Lecturers’ and students’ perspectives toward the shift to online teaching owing to COVID 19: a case at Kyushu University School of Medicine
    (第25回日本遠隔医療学会学術大会 2021)
  • オンラインでの国際間遠隔医療教育技術研修の実施と評価
    (第25回日本遠隔医療学会学術大会 2021)
  • 遠隔会議ソフトウェアを用いたHD画質での内視鏡ライブ配信の評価
    (第25回日本遠隔医療学会学術大会 2021)
  • Development and Evaluation of a Technical Information Sharing System for International Remote Medical Education
    (12th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2021) and the Affiliated Conference 2021)
もっと見る
Works (1件):
  • 伝統芸能のデジタル化3DCG+アニマトロニクスによる顔表現 大ロボット博~からくりからアニメ、最新ロボットまで~ The Great Robot Exhibition,読売新聞東京本社/国立科学博物館
    松永孔梨子, 權泰錫 2007 -
学位 (1件):
  • 博士(芸術工学) (九州大学)
委員歴 (14件):
  • 2018/01 - 現在 アジア太平洋先端医療ネットワーク 医療ワーキンググループ 理事
  • 2017/01 - 現在 アジア太平洋先端医療ネットワーク医療ワーキンググループ ローカルエンジニアチーム(APAN-LET) ディレクター
  • 2013/04 - 現在 国立大学付属病院長会議 国際化協議会(旧 国際化プロジェクトチーム) 九州大学病院技術担当者
  • 2021/11 - 2023/10 国際臨床医学会 代議員
  • 2021/10 - 2022/03 日本外科学会 『手術支援ロボットを用いた遠隔手術のガイドライン策定に向けた実証研究』情報・セキュリティWG構成員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2013/10 - International Society for Telemedicine and eHealth 第18回世界遠隔医療学会 2013年「国際賞」 The 18th International Conference of International Society for Telemedicine and eHealth, 2013, International Collaboration Award
  • 2008/10 - 日本バーチャルリアリティ学会 第12 回日本バーチャルリアリティ学会大会 学術奨励賞(芸術展示部門)
所属学会 (3件):
日本遠隔医療学会 ,  国際臨床医学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る