研究者
J-GLOBAL ID:202001003613893046   更新日: 2022年07月02日

鈴木 皓晴

スズキ ヒロハル | Suzuki Hiroharu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  脳神経外科学
研究キーワード (7件): synchronization likelihood ,  機能的結合 ,  てんかん性スパズム ,  扁桃体腫大 ,  側頭葉てんかん ,  てんかん外科 ,  てんかん
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2022 - 2025 神経活動の同期異常に着目した脳波での新たなてんかん診断法の創出
  • 2021 - 2024 補正因子を検出し発作拡延脳波より真のてんかん焦点を同定する
論文 (30件):
  • Yasushi Iimura, Mika Nakazawa, Hiroharu Suzuki, Takumi Mitsuhashi, Tetsuya Ueda, Koichiro Sakamoto, Kazuki Nishioka, Kou Horikoshi, Hidenori Sugano. Surgery for intractable epilepsy after severe encephalopathy with reversible splenial lesion and new onset hippocampal lesion associated with parechovirus. Brain & development. 2022. 44. 6. 410-414
  • Samantha Tamrakar, Yasushi Iimura, Hiroharu Suzuki, Takumi Mitsuhashi, Tetsuya Ueda, Kazuki Nishioka, Kostadin Karagiozov, Madoka Nakajima, Yao Miao, Toshihisa Tanaka, et al. Higher phase-amplitude coupling between ripple and slow oscillations indicates the distribution of epileptogenicity in temporal lobe epilepsy with hippocampal sclerosis. Seizure. 2022. 100. 1-7
  • 菅野秀宣, 飯村康司, 鈴木皓晴, 三橋匠. てんかんと脳卒中. 脳神経内科. 2022. 96. 5. 550-555
  • Yasushi Iimura, Takumi Mitsuhashi, Hiroharu Suzuki, Tetsuya Ueda, Kazuki Nishioka, Hiroshi Otsubo, Hidenori Sugano. Delineation of the epileptogenic zone by Phase-amplitude coupling in patients with Bottom of Sulcus Dysplasia. Seizure. 2022. 94. 23-25
  • Hidenori Sugano, Yasushi Iimura, Hiroharu Suzuki, Samantha Tamrakar, Takumi Mitsuhashi, Takuma Higo, Tetsuya Ueda, Kazuki Nishioka, Kostadin Karagiozov, Madoka Nakajima. Can intraoperative electrocorticography be used to minimize the extent of resection in patients with temporal lobe epilepsy associated with hippocampal sclerosis?. Journal of neurosurgery. 2021. 1-8
もっと見る
MISC (54件):
  • 鈴木 皓晴, 飯村 康司, 上田 哲也, 菅野 秀宣. 奇異性の異常がみられたウエスト症候群患者に対する脳梁全離断術後の転換ネットワークの変化(The epileptic network changing by total corpus callosotomy for West syndrome with the paradoxical EEG abnormality). 臨床神経生理学. 2021. 49. 5. 449-449
  • 三橋 匠, 飯村 康司, 鈴木 皓晴, 上田 哲也, 中島 円, 浅野 英司, 菅野 秀宣. ダイナミックトラクトグラフィーに基づくスパイク波の信号源推定と伝播動態の可視化. 臨床神経生理学. 2021. 49. 5. 453-453
  • 菅野 秀宣, 飯村 康司, 鈴木 皓晴, 上田 哲也, Tamrakar Samata, 中島 円. 焦点診断-MRI陰性てんかんへの挑戦 発作間欠期・術中脳波の活用. てんかん研究. 2021. 39. 2. 217-217
  • 飯村 康司, 鈴木 皓晴, 上田 哲也, 菅野 秀宣. Phase-amplitude coupling解析を用いたてんかん性スパズムに対する脳梁離断術の効果の検討. てんかん研究. 2021. 39. 2. 319-319
  • 中島 円, 肥後 拓磨, 飯村 康司, 鈴木 皓晴, 上田 哲也, 菅野 秀宣. 海馬におけるロイシンリッチα2糖タンパク質の発現はてんかん重積後の認知機能低下を抑制する(Expression of the leucine-rich alpha2 glycoprotein in the hippocampus prevents decreased cognitive function after status epilepticus). てんかん研究. 2021. 39. 2. 393-393
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2016 - 2020 順天堂大学大学院 脳神経外科
  • 2003 - 2009 順天堂大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学大学院医学研究科)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 順天堂大学 脳神経外科 助教
  • 2018/05 - 2020/03 トロント小児病院 Research fellow
  • 2011/04 - 2016/03 順天堂大学 脳神経外科 助手
受賞 (6件):
  • 2021/01 - 第 44 回日本てんかん外科学会 一般口演優秀賞 周産期脳卒中患児に続発した West 症候群におけるてんかん性神経ネットワーク
  • 2020/09 - 第62回日本小児神経学会学術集会 English Session奨励賞
  • 2018/11 - 2018 American Epilepsy Society and the Scientific Program Committee 2018 Suzanne and Peter Berry International Travel Award Amygdala is not an actual epileptic focus in temporal lobe epilepsy associated with Amygdala Enlargement
  • 2018/03 - Juntendo University Graduate School of Medicine Outstanding Poster Presentation Award MRI normal hippocampus with amygdala enlargement in drug-resistant epilepsy; Surgical approach of mesial temporal seizures
  • 2017/06 - 第59回日本小児神経学会学術集会 優秀English Session賞
全件表示
所属学会 (9件):
日本小児神経学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本てんかん学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳神経外科学会 ,  日本脳神経CI学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本結節性硬化症学会 ,  日本てんかん外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る